リフォームで失敗しない3つのポイント

リフォームで失敗しないポイントをご存知でしょうか?実は、リフォームを成功させるための大切なポイントがあります。このポイントを押さえて置くと、奥様はイメージ通りのキッチンやお風呂を手に入れることができるでしょう。

金額の安さだけでリフォーム業者を選んだり、逆に何も考えずに業者を選ぶと、後で「こんなはずじゃなかった…」となりかねません。ここでは、当たり前だけれど、きっちり押さえておきたいリフォーム業者を選ぶ3つのポイントをお伝えします。

 

工事に詳しい担当者(業者)を選ぶ

 

point01_img

リフォーム業者の担当者は、工事に詳しい人を選びましょう。工事に詳しくない担当者ですと、奥様が色々と質問したときに、担当者はすぐに答えられず、「社内に戻って確認します」「職人に聞いてから返事します」となり、結果的に奥様の質問の意図が十分に伝わらなく、時間がかかったり、イメージ通りのリフォームにならないこともあります。

手抜き工事や、工事の追加料金を工事後に請求されるということもないとは限りません。できれば、職人と同等の知識と経験を持った担当者を選びましょう。リフォームに関する資格や証明書をもっているかも、確認することをお勧めいたします。

話しやすい担当者(業者)を選ぶ

 

point02_img

リフォーム業者の担当者は、話しやすい人を選びましょう。話しにくかったり、相談しにくい担当者ですと、奥様が伝えたいことや希望がなかなか伝わりません。その結果、イメージ通りのリフォームにならないことがあります。コミュニケーションを円滑に取れる担当者なら、奥様の希望を的確に聴き出し、イメージ通りにあった良い提案をしてきます。ですので、奥様が話しやすい担当者を選ぶことは大切です。

アフターフォローが万全の担当者(業者)を選ぶ

 

point03_img

リフォーム業者は、アフターフォローが万全な業者を選びましょう。工事後の保証について契約前にきっちり説明してくれるか、また工事完了後に追加費用を請求されることはないかを確認しましょう。工事後に「こんなところに傷が?!」「クロスが剥がれた」などの気になる点が出たときに、きっちり対応してくれる業者を選びましょう。


最新施工事例