中古マンション購入引越し前リフォーム シリーズ3-1

中古マンション購入引越し前リフォーム

シリーズ3-1

 

住みながらリフォーム

 

こんにちは。優和プランニング 上田 惇です。(うえだ あつし)

今回は中古マンションの引越し前リフォームです。皆さんの疑問や不安をこのホームページで解決出来たらと思います。

 

引越し前リフォームの疑問 不安

 

  • 鍵はどうしたらいいの?
  • 近隣さんや管理組合などに挨拶、手続きはどうするの?
  • 工事中、現地での打合せはするの?
  • 工事中、電気やお水は使えるようにしておくの?

 

など、色々な心配事が有ると思いますが全部解決します。

 

問い合わせから訪問見積もりまでの流れ

 

ホームページを見てお問合せを頂きました。電話は当社のスタッフが対応しました。その後 担当者から折り返しお電話をして、リフォーム内容や気になるメーカー、イメージしているリフォーム内容を聞かせて頂きます。訪問見積もりの日にちも決めます。

 

訪問見積もり

 

訪問見積もりは基本的に当社は担当者一人で伺います。

 

1人で訪問する理由

 

●初日から大勢で行くのは失礼。   

 お客様の立場で知らない人を家に入れたくない。

 

●担当者に、リフォームの知識が有る。 

 よほどの事が無い場合、担当者が全て対応します。

 

初日から突然、大勢の人数で伺うことはありません。まずはしっかりとお話をさせて頂きます。

 

入居者様がご入居の場合

 

引渡前のお見積も可能です。お客様、不動産屋、当社スタッフで引越し先の物件に現地調査に行きます。

 

打合せ内容

 

 

中古マンション

 

 

今回のお客様は、必要最低限のリフォームで予算内に収めたい。ただし、プロの目から見て、修繕箇所が必要なら提案してほしいとの事でした。中古マンション購入時のリフォーム内容は様々です。フル改装する方もいれば、ハウスクリーニングだけの方もいます。

 

今回の予算は税込80万です。間取りは3LDKの65㎡。一般的な間取りです。水回りを交換すると費用が大きくなるので、水回りはハウスクリーニングにします。

 

フローリングはところどころ剥がれたり浮いたりしていたので、部分的な張替えよりも全面的な張替えをご提案。

 

天井、壁のクロスは煙草で黄色く変色して、匂いも移っていたので全室、全面張替え。

 

畳、襖、網戸は張替え。 畳は約3回ほど表替えをしたら、新調した方が良いです。

 

部屋が広く見えるフローリング。クロス

 

張り替えるフローリングは明るめの幅の広いフローリングです。扉の色が少し濃い色だったので、幅が狭いフローリングを貼ると部屋が少し狭く見えるためです。

 

フローリングもさまざまな種類があります。その中で椅子やキャスターに強いフローリングもあります。

詳しくは「傷つきにくい頑丈なフローリングに張り替え 大阪府東大阪市」に詳しく書いています。

 

クロスも白すぎると汚れが目立ちやすいため、淡いベージュが少し入っているクロスにしました。

 

リフォームで改善したい事 お悩み

 

  • 予算内でどこまでリフォーム出来るのか。
  • 部分的なリフォームだけでも引き受けてくれるのか。
  • 引渡から引越しまでにリフォームが完了するのか。

この3点がリフォーム前のお悩みでした。

 

現在住んでいる部屋が賃貸マンションで、薄暗くあまり広い部屋ではないので明るく、開放的な雰囲気になるように、限られた予算で可能かどうかでした。今回は「提案力」 「金額」の2点で当社を選んでいただきました。

 

中古マンションを購入してリフォームをお考えの方、お気軽にご相談下さい。メールラインで受け付けています。

 

次回「中古マンション購入前リフォーム。 シリーズ3-1」は工事の始まりです。

 

 


お問い合わせ

お名前*
メールアドレス*
ご連絡先*
連絡方法*
 電話希望 メール希望 どちらでもOK
内容*