マンション住みながらキッチンリフォーム シリーズ1-4

マンション住みながらキッチンリフォーム シリーズ1-4

 

住みながらリフォーム

 

んにちは。優和プランニング 上田 惇です。(うえだ あつし)

マンション住みながらキッチンリフォームシリーズ1-4です。今回はシステムキッチン工事をお伝えします。

(シリーズを見てない方はマンション住みながらキッチンリフォーム。1-1まで。)

 

 

システムキッチン仕上げ

 

 

マンション住みながらキッチンリフォーム

 

 

給水配管 給湯配管 排水配管 今回は浄水器もあるので、各配管を接続します。

 

給水配管

 

給水配管は基本的に向かって右にあります。 

 

給湯配管

 

給湯は基本的に向かって左にあります。

 

排水配管

 

排水配管は各商品により位置は変更しますが、基本的にグレー色です。

 

浄水器配管

 

浄水器の配管は給水配管から分岐をします。

 

 

アングル止水栓

 

給水 給湯配管の先にアングル止水を付けます。

 

アングル止水栓

 

マンション住みながらリフォーム

 

アングル止水栓を簡単に説明すると止水栓です。マンションは廊下にパイプスペース(PS)といわれる、扉のついたスペースが有ります。この中に各バルブ関係が設置してます。

ガスメーターや電気のメーター。

 

ここに同じように水道のメーターと一緒に止水栓が有ります。この止水栓を閉めると、あなたのお部屋だけ水が止まります。止水栓以外に各水回りにアングル止水栓を設置します。

 

アングル止水栓を設置する理由は、緊急時に水を止めたいカ所だけ水を止められるようにするためです。安全を考慮して設置します。

 

キッチン水栓に接続

 

 

マンション住みながらリフォーム

 

 

接続をする作業はスペースの少ない場所での作業になりますので、キッチンの中にもぐりこむように作業します。もぐりこみながらの作業は限られた動作しか出来ないので、経験豊富なスタッフしか確実に接続するのは難しいです。培った経験から、道具の適切な使用や判断力などが無ければ水漏れの原因になります。

 

水漏れの原因

 

水漏れの原因は色々あります。原因が分からない場合もあります。商品不備も有ります。施工の原因だけは必ず無くさなければならないです。

 

水漏れの有無は、実際に水を使用してみないと分からないです。

 

ただ、私の経験上、施工中に「なんとなく」分かります。なぜ?と聞かれると明確には答えられませんが「感触」です。

 

感触がおかしければ、何度でもやり直しをします。何度でも。確信が持てるまで何時間でもやり直しをします。水漏れは絶対に無いようにしなければなりません。

 

動作確認

 

各商品の動作確認をします。

 

オートダウンウォール水切りタイプ

 

マンション住みながらキッチンリフォーム

 

実際に不具合なく動くか、テストをします。

 

マンション住みながらキッチンリフォーム

 

スイッチを触れば作動する簡単な操作なので、どなたでも使いやすい仕様になってます。

 

 

 

クイックポケットLED照明付

 

 

マンション住みながらリフォーム

 

クイックポケットLED照明付も簡単に開け閉めできます。このように指で簡単にできます。

 

マンション住みながらリフォーム

 

中は見やすく取り出しやすく、使い勝手のいい収納です。

 

 

各所掃除

 

リビング、廊下等養生を撤去して掃除をします。養生をしても細かいホコリなどは防げないので、最後に雑巾がけをしてキレイにします。

 

 

工事完了

 

全てを確認して工事完了です。

今回使用した商品は「システムキッチンはリクシル リシェルSIです。間口は2700 奥行65㎝。高さは87.5㎝」です。

システムキッチンリフォームをして「時短」をしたいとの思いで、今回リクシルの商品を選定しました。

 

リフォームしたいと思っている人の数だけ悩みがあると思います。このような悩みを解決できればと思います。今すぐリフォームする方と半年後にリフォームを計画中など、いろいろあると思います。当社はいろいろな方法でご相談にお答えしています。電話、メール、またラインなど使いやすい方法で構いません、お気軽にご相談下さい。

 

キッチン住みながらリフォーム

 

キッチン住みながらリフォーム

 

 

お客様の声

 

キッチンに対する思い入れは、長年の構築で思い描いているものがありましたので出来上がりを見て感動しております。

なぜ優和プランニングさんに依頼したかというのは「対応の速さ」「ヒアリング力」です。

私の困っていることに対するヒアリング対応はとてもよく、些細な問題にも協力して下さりました。

 

 


お問い合わせ

お名前*
メールアドレス*
ご連絡先*
連絡方法*
 電話希望 メール希望 どちらでもOK
内容*