マンション住みながらお風呂リフォーム シリーズ2-4

マンション住みながらお風呂リフォーム シリーズ2-4

 

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s

 

こんにちは。優和プランニング 上田 惇です。(うえだ あつし)

今回は住みながらお風呂リフォームのシリーズ2-4です。

 

(シリーズをはじめから見るにはマンション住みながらお風呂リフォーム。シリーズ2-1まで。)

 

工事の始まり

 

マンションでのリフォーム工事は9時から始めます。管理組合に挨拶に行き駐車場の指示、作業予定を打合せをして工事に取り掛かります。

 

住みながらリフォーム

 

部屋からエレベーター前まで養生します。廊下を汚さないように十分気を付けます。

 

住みながらリフォーム

 

室内も養生します。廊下、場合によっては壁も養生します。荷物の出し入れの時に壁にキズを付けないように。

 

室内の養生が終われば、作業を始めます。

 

お風呂の解体作業

 

お風呂を解体する時に「お水」を止めるので、キッチンやトイレが使用できなくなります。

解体の日は朝から夕方まで、お水が使えなくなります。詳しい工事期間などはこちらに紹介しています。

参考:お 風呂 リフォーム 期間 短縮 3日目から快適なお風呂に入るための3つの方法

 

住みながらリフォーム

 

浴槽から順番に解体して、廊下に搬出します。

 

 

住みながらリフォーム

 

壁を撤去していきます。壁を搬出するときに室内の廊下の壁を傷つけやすいので、十分注意して作業します。

そして床を解体。

 

住みながらリフォーム

 

住みながらリフォーム

 

全て搬出します。

お風呂は各パーツが組み合わさって出来ているので、解体の時は各パーツに解体して搬出します。

 

TOTO担当者と打合せ

 

完全に解体出来たら、担当者と打合せをします。

お風呂の配管の位置を確認したり、組立時の注意点を入念に打合せします。

 

住みながらリフォーム

 

お風呂リフォーム

 

作業時間

 

お風呂リフォームの1日目の作業時間は、朝9時~夕方17時頃まで。

よほどの事が無い限り、遅くなることはないです。

 

洗面台の解体

 

今回は洗面台も同時に解体します。お風呂を解体した後に、洗面台を解体していきます。

お風呂のリフォームと洗面台のリフォームを同時に行うときは、洗面台の使用が2日~3日使用できなくなります。

その間キッチンを使っていただきます。

 

洗面台リフォーム

 

洗面台リフォーム

 

洗面台は鏡を撤去して洗面ボール、順番に解体していきます。

 

配管工事

 

住みながらリフォーム

 

この配管は給湯配管です。一般的に銅管で配管されています。

銅管を使用している理由は「熱伝導」です。

給湯配管の仕方は「ハンダ付け」と言い、熱を与えて接続する方法です。

 

よく給湯配管が水漏れをおこす箇所はこの「ハンダ付け」の部分です。

ハンダ付けを極力無くすために優和プランニングでは配管部材を高価な「樹脂管」を使用しています。

将来的な水漏れを軽減できます。

 

住みながらリフォーム

 

青い樹脂管が給水配管です。既存の配管からすぐに樹脂管に変更して配管します。

給水配管 給湯配管 水漏れが無いように念入りに確認します。

今回使用した配管の詳しい紹介です。

参考:システム キッチン 工事 費!ダマされないために知っておくべき内容まとめ

 

住みながらリフォーム

 

 

ユニットバス組立

 

ユニットバスの組立は2日目です。

メーカーの施工業者が組立します。

 

商品を搬入して、組立していきます。

 

ユニットバス

 

床のフレームです。このフレームをしっかり設置しないと、後々不具合が出てきます。

 

ユニットバス

 

排水配管を接続します。

排水配管も水漏れの内容に確認します。

 

組み立てていくと見えなくなる部分も、しっかりと確認していきます。

 

ユニットバス

 

排水管の接続部分。

 

ユニットバス

 

床のフレーム部がしっかりと設置しているか、確認。

 

ここまでしてから、本格的に壁や浴槽を設置していきます。

 

続きは次回「マンション住みながらお風呂リフォーム。シリーズ2-5」です。


気軽に相談ください。 無料相談

リフォームに何する、ご相談は無料です。下記のフォームからお問い合わせが可能です。
お気軽に、お問い合わせください。

 

お名前※必須
E-メール※必須
お電話番号
- -
お問い合わせ内容※必須