システムキッチン工事費!ダマされないために知っておくべき内容まとめ

RGKM1729

こんにちは、大阪市東住吉区 水回りリフォーム専門の上田です。

 

システムキッチンのリフォームを検討してる中で必ずこう思うはずです。「ウチのシステムキッチンの工事費っていくら?」商品価格は各メーカーのサイト、カタログに記載していますが、システムキッチン工事費だけは載っていません。

 

システムキッチン工事費が明記されていないのが原因で、あなのシステムキッチンリフォームの思いが薄れていっていませんか?調べれば調べるほどいろいろな費用が提示してあり、さらにはダマされた。なんて事も。

 

今回はシステムキッチン工事費が確実に把握できる内容を紹介します。そして悪質業者にダマされないように、しっかりと工事費について知識をつけて理解してください。

 

システムキッチン工事費

 

システムキッチン工事費とはシステムキッチンに交換する時に必要な、施工に対する費用です。各リフォーム会社に見積もりを出してもらっても金額がまったく同じになることは少ないです。

 

実際にシステムキッチン工事費を紹介してるサイトをみても「10万~50万」や「30万~100万」など、参考にすらならない大まかな料金が掲載されています。この手のサイトはWEBライターが書いているので100%正解かと問われると答えづらい部分もあります。

 

リフォーム会社に相談しても「見てみないとわからない」や「グレードによって変わるし設置する場所でも変わるし」など言われたことはないですか?一概に間違いではないです。

 

取付する箇所や現場により、作業をするスペースが確保できなかったりと、状況により作業効率が変わります。業者から難しい専門用語をいっぱい言われ、完全に理解できない状況に。

 

※専門用語を多用する業者は、自分でも把握ができてない場合が多いです。

 

あなたが知りたいのは一般的なシステムキッチン工事費ではないでしょうか?オプション、タイプ、素材などを使用した場合の工事費で、世間一般的に「普通」の場合のシステムキッチン工事費でしょう。

 

普通のシステムキッチン工事費がわかれば、システムキッチンに交換する予算が把握できます。そうなることで、より前向きにシステムキッチンリフォームに取組めるのではないでしょうか。

 

システムキッチン工事費に含まれる工事項目

 

システムキッチン工事費に含まれる工事項目は下記の内容です。

 

工事項目

  1. キッチン解体工事
  2. 各配管工事
  3. 電気工事
  4. 下地調整工事
  5. キッチンパネル貼り
  6. キッチン組立工事
  7. 諸経費 廃材処分費

 

大きくわけて7項目になります。この7項目をまとめてシステムキッチン工事費と言います。

 

普段、生活をする中で聞くことがないようなフレーズばかりです。当然専門知識が必要になります。いきなりこの専門用語を話されてもわからないのがあたりまえです。

 

私もこの業界に入ったときはまったく専門用語がわかりませんでした。経験を重ねる毎に理解して把握できるようになりました。

 

タイトルにあるように「ダマされないために」と書いたのは専門用語をいっぱい使われて、ありもしない事を言われたりして、必要のない工事費用を支払わされないようにするためにです。

 

実際私が車屋に行って修理を依頼しても、車屋さんの説明はまったくわかりません。私は車のプロではないです。車の知識はみなさんと一緒です。修理費用が高いのか安いのかさえ、わからないです。

 

業者さんを信じてその金額を支払うだけです。もしかしたらもっと高いかもしれないし、もっと安いかもしれないです。もし私に車の知識があれば修理費用も疑うこともなく、さらには費用をみて予算的に余裕があるのであれば、違う提案をしてより快適な車にすることも可能でしょう。

 

このようにシステムキッチン工事費が把握できれば、より快適なシステムキッチンにリフォーム出来るかもしれません。

 

工事項目をご説明します。

 

1.システムキッチン解体工事

 

キッチン解体工事は必ず必要になります。今まで使用していたキッチンを解体して、その場所に新しいシステムキッチンを設置します。

 

解体する部分ですが、システムキッチンが設置できるよう不必要な箇所は全てします。

 

キッチン吊戸棚。キッチンに付いている手元灯。換気扇。ガスコンロ。シンク。本体。

キッチンリフォーム工事費

解体前のキッチンです。

システムキッチン工事費

ガスコンロなど解体をしていきます。

システムキッチン工事費

シンク 天板も効率よく順番に解体します。

システムキッチン工事費

換気扇 吊戸棚 照明 も。換気扇などはダクトに接続されているので慎重に解体します。

システムキッチン工事費

次設置をするシステムキッチンのスペースが無ければ壁も剥がします。

システムキッチ工事費 システムキッチン工事費

ここまで撤去をして、キッチンの解体工事は完了です。この作業がシステムキッチン工事費に含まれます。作業時間にして約2時間ほど。

 

2.システムキッチンの工事費 各配管工事

 

配管工事は給排水、ガス配管です。給排水は浴室、洗面、トイレなどに繋がっているため、この作業の時は家全体の水が使用できなくなります。使用出来なく時間は約4時間。

 

配管の種類も多くあります。最近では量販店で販売もしてます。当社は配管工事には最新の注意をはらっています。それは水漏れを無くすためです。

 

水漏れは当事者 下階の住人の方にも大きな損害になります。

 

私は使用する材料をブリジストンのポリブテンパイプにしています。

 

ポリブデンパイプとは

 

耐摩耗性・耐衝撃性・耐ストレスクラッキング性に優れています。

耐摩耗性に優れ、強い衝撃にも割れにくく、ウォーターハンマーや熱伸縮に対する耐ストレスクラッキング性にも優れています。 また、可とう性があるため施工性に優れています。

耐熱クリープ性に優れています

 

耐熱クリープ性に優れています

超高分子量で優れた耐熱クリープ性を有しているため給湯などの高温(95℃以下)で耐久性に優れています。

 

保温性、防露性に優れています

 

保温性、防露性に優れています

給湯での保温性や給水でのパイプ表面の防露性に優れています。

 

サヤ管に通した状態のパイプや、保温材付パイプでは、保温性、防露性が向上します。

 

衛生的で安全性に優れています

 

衛生的で安全性に優れています

ポリブテンパイプは、錆の発生による水質汚染がありません。

 

 

また、水道水中の溶存塩素などによる有害物質の溶出がないために、安心してご使用になれます。

最大水撃圧

 

水栓を閉じた時に発生するウォーターハンマーを柔軟性のある材料が吸収し騒音の発生を少なくします。

 

(財)日本建築センター(技術審査証明第9405号 平成6.4)
静水圧0.18MPa PL13J

再生ポリブテン樹脂使用のバインダー、クリアファイル、サドル

 

「ポリブテンパイプ」は、金属管のように錆びや腐食の発生がなく、衛生的でリサイクルが可能な樹脂材料です。

 

 

万一の地震の際でも、従来の金属管に比べて柔軟性があるため、破損しにくくなっています。

 

 

再生ポリブテン樹脂を使用し、バインダー(表紙)、クリアファイル、サドル等にリサイクルできます。

 

このパイプを使用するとき専用 継手もあります。継手とはパイプを途中で90度曲げたり分岐するときに使う材料です。

 

プッシュマスターとは

 

プッシュマスター

 

ブリヂストンのポリブテンパイプと新開発のワンタッチ継手を使用したこの配管システムは現場のニーズに対応する様々な機能を集約した新しい配管システムです。

 

ワンタッチ継手のパイオニア、ブリヂストンが自信を持ってお届けする『プッシュマスター』。それは、日々の暮らしと未来をつなぐ新時代の樹脂配管システムです。

 

樹脂化とワンタッチ接続の追求

 

プッシュロックの遺伝子

ブリヂストンがワンタッチ継手のパイオニアとして1989年に発売したプッシュロック、後継モデルとして2000年より販売中のプッシュロックII。

 

その系譜を引き継ぎ、ワンタッチ接続・樹脂化追求の特徴を持つ進化した継手『プッシュマスター』が誕生。

プッシュマスター

このように非常に作業性、安心性 耐久性 また衛生面に適した材料です。もちろん量販店で購入する材料に比べておよそ20倍の金額が変わります。

 

※量販店で販売されている材料は1個30円ほど。

 

配管工事は元々の配管を切断します。そこに先ほどの材料を接続します。黒い配管が給水配管です。お水の配管です。

システムキチンリフォーム工事費 システムキッチン工事費 システムキッチン工事費

こちらが給湯配管です。お湯の配管です。一般的に多いのが銅で出来ている銅管です。お湯の配管から水漏れをする理由は、この銅管の接続部分です。

キッチンリフォーム工事費 システムキッチン工事費

ここまでが配管工事です。ガスは地域の指定のガス会社に依頼します。

 

3.システムキッチン工事費 電気工事

 

電気工事は換気扇 照明、などに使用する配線をします。キッチンにコンセントなどがあれば新しく交換もします。

システムキッチン工事費 システムキッチン工事費

電気工事もシステムキッチンリフォーム工事費に含まれる大事な工事項目です。

 

4.システムキッチン工事費 下地調整

 

下地調整とは一般的に「造作」と同じ意味です。

 

造作とは

 

天井・床板・建具・棚・階段などを取り付けることや、壁を材木で作ったりすることを言います。

 

システムキッチン工事費の中で解体するまで明確にわからないのがこの作業です。キッチンを解体したときに、壁が経年劣化で強度が無くなっていることもあります。その場合は新しく造作します。

システムキッチンリフォーム工事費

下地調整の中には造作工事も含まれています。古い下地を使用するより新しく造作した方が、強度的にも安心して長くシステムキッチンを使用できます。

 

この作業の時にキッチンの高さを変更することも可能です。詳しくは「キッチン 高 さ で悩んでる主婦の方へ この~2つの大事なポイント~教えます」に詳しく紹介しています。

 

ここまでの作業が1日目です。普通のシステムキッチン工事はスムーズに進むと2日で完成します。よりスムーズに進むために「キッチン リフォーム 期間を2日で完成するために取組む5つの事」に詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

5.システムキッチン工事費 キッチンパネル貼り

 

キッチンパネルを貼る作業です。最近はキッチンパネルも色々な柄のパネルが販売されて、よりイメージに合うシステムキッチンに出来るようになりました。さらにキッチンパネルを水回り設備周辺の、水はねし汚れやすい部分に使用することも増えてきました。

 

キッチンパネルはアイカ工業が人気です。

 

代表的な場所が洗面所です。洗面台の横の壁に水はねを防止するためのリフォームが人気です。詳しくは「洗面所の水はね防止リフォーム」に紹介しています。

 

キッチンに貼るキッチンパネルの枚数は約2枚~3枚です。

キッチン費用

加工をしたキッチンパネルに専用の両面テープを貼ります。そして専用のボンドをしっかりと添付します。

システムキッチン費用 キッチン費用

そして壁にしっかりと貼り付けます。

キッチンパネル

この内容がキッチンリフォーム工事費に含まれる、キッチンパネルを貼る作業です。この作業が綺麗に仕上がらないと完成後に隙間が大きく開いたり、パネルが浮いてきたりします。

 

6.システムキッチン工事費 キッチン組立工事

 

そして、システムキッチンの組立です。キッチンの組立は2人で施工します。搬入時に回りの家具やクロスを傷つけないように慎重に作業します。

キッチン費用 dsc01108

システムキッチンの組立は熟練した経験者でないと隙間が開いたり、不具合が必ず出ます。システムキッチン組立は夕方頃に完成します。

 

マンションなどは管理規約で朝9時から17時までしか作業ができないので、それに従って作業をすすめます。

 

7.システムキッチン工事費 諸経費 廃材処分費

 

 

システムキッチン工事費の中で諸経費 廃材処分費の項目があります。この項目はとても大事な項目になります。リフォーム前に管理組合に工事申請を提出する書類を作成したり、近隣住民様に工事挨拶に行くなどとても重要です。

 

そして工事中に使用する養生費も含まれています。家具や家電製品にホコリが付かないようにシートをします。床なども傷が入らないように。

 

そしてシステムキッチンリフォームで発生した廃材の処分費です。産廃になるので専門の業者に引き取りに来てもらい、処分をします。

キッチン費用

 

システム キッチン 工事費

 

上記の工事内容で一般的なシステムキッチンにリフォーム出来ます。そしてキッチンリフォーム工事費ですが、分かりやすいように下の図にまとめました。

 

キッチンリフォーム費用 キッチンリフォーム費用

システムキッチン工事費まとめ

 

システムキッチンに関する情報は大変多くあります。ただ、どれも曖昧な費用。大まかな費用で参考にするには程遠いです。

 

キッチンリフォームに必要な工事項目は必ずと言っていいほど必要です。費用を安くするために何かを省くと、必ず近い将来に不具合が出てきます。

 

憧れのシステムキッチン、理想のシステムキッチン 毎日が楽しくなるようシステムキッチンにリフォームしてください。

 

そのためにはリフォーム会社としっかり向き合い、入念に打合せをしてください。きっと良いリフォーム担当者、親切なリフォーム担当者に出会えます。

 

こちら記事もおすすめ

☆スライド収納の魅力を伝えます!

『【スライド収納に憧れている女性に】収納力、使いやすさ、魅力をすべて伝えます』

☆レンジフードを詳しく紹介

『キッチンのレンジフードの高さが合わない!【ゴンッて】頭に当たる!調整して快適な空間を』

 

The following two tabs change content below.
上田 惇(うえだ あつし)

上田 惇(うえだ あつし)

代表取締役株式会社優和プランニング

水回りリフォームに携わり19年、得意な事は悩みを解決するリフォーム。無駄な工事を省き確実に必要な工事だけをします。実際の経験をもとにブログで情報を発信しています。⇒詳しいプロフィールはここをクリック

RGKM1729





無料相談受付中

電話でのご相談はAM9:00~PM20:00まで年中無休受付中!!

メールでのご相談は24時間365日年中無休で受付中!!