浴槽のまたぎを低くして!妊婦も跨ぎが怖いねん!安心なお風呂にして!

浴槽のまたぎを低くして!妊婦も跨ぎが怖いねん!安心なお風呂にして!

 

DSC00349

 

 

浴槽のまだぎの高さ

 

浴槽のまたぎ。気になりませんか?

 

入りにくい。

またぎが高い。

浴槽に入るのが入怖い。

 

などなど、いろいろありますよね。お風呂場って家の中で一番事故が多いって知ってました?交通事故よりも多いみたいです。

浴槽の中で溺れたり、滑って倒れて頭打ったり、それにヒートショック!怖いですよね。ヒートショックは寒さを改善すればヒートショック対策にはなります。

お風呂場が寒い!って思ってる方はこの:お 風呂 寒い!効果抜群 、冬場のヒヤッを3日で快適な温かいお風呂にする方法を参考にしてください。

 

また脱衣所とお風呂場の温度差が気になる!!って思う方はこの:脱衣所が寒い!ヒーター設置で~ポカポカ簡単リフォーム~

 

リフォームで必ず浴槽のまたぎが低くなるの?

 

ユニットバスによります。よくチラシなどに掲載している安価なユニットバスはマタギが低くならないです。

ユニットバスもいろいろな種類があってユニットバスごとにメリットデメリットがあるので浴槽のまたぎが低くなるユニットバスを選んでください。

ユニットバスの詳しメリットは:ユニット バス メリットを完全に把握するために絶対読むべき記事まとめ

 

チラシに掲載してる安価な金額だけを見て判断すると完成後に後悔する可能性もあるのでしっかりと担当者に相談して商品を決めてくださいね。

 

妊婦さんもまたぎが高いと怖い!!

 

浴槽のまたぎが高くて怖いのは高齢者の方だけではないです。妊婦さんも怖いです。お腹の赤ちゃんが大きくなってくると段差や跨いだりする動作に負担がかかります。

 

赤ちゃんが産まれてお風呂に入るようになってからも赤ちゃんを抱っこしながらお風呂に入る時、滑りやすい床は危ないし、浴槽のまたぎが高いとやはり危険ですよね。

 

赤ちゃんが成長して一人でお風呂に入るようになった時もマタギが低い方が入りやすいし、安心してお子さんをお風呂に入れれますよね。

 

私も甥っ子や姪っ子が3人いるのでよくお風呂に入れますが、子供が溺れないように注意しています、低浴槽のまたぎの低いお風呂なら入れやすいのになぁと思いながら。

 

床がタイルなのも気になりますよね、滑りやすいのでいつもマットを置いてますし、ほんとはマットとかない方がいいのですが。マットの段差でつまずいたりするから。

 

安全なお風呂リフォーム

 

お風呂は意外と危ない箇所なのでリフォームするときに、安全面も考慮して相談した方が良いです。

 

予算的な事もあるので100%した方がいい!

 

とは言いずらいですが、リフォーム会社の担当者に良い商品をすすめられて高い商品を買うより、すこし落ち着いて、ほんとうに必要な機能や、安全面に予算を割り当てたほうが将来的に長く使えるお風呂になります。

 

長く安心して使えるお風呂にリフォームした方が断然お得ですよね。お風呂リフォームで約80万~100万円、これで20年~30年、安心して使えるなら将来を見据えたリフォームにするべきだと私個人的には思います。

 

 

 


気軽に相談ください。 無料相談

リフォームに何する、ご相談は無料です。下記のフォームからお問い合わせが可能です。
お気軽に、お問い合わせください。

 

お名前※必須
E-メール※必須
お電話番号
- -
お問い合わせ内容※必須