【キッチン背面収納造作リフォーム】で、使いやすく快適なキッチンへ

腰壁5

キッチンリフォーム価格

詳しく見るPC現本

 

施工事例
STAFF111

詳しく見るPC現本

 

こんにちは、大阪の水回りリフォーム専門の上田です。

新築時は不自由なく使えていたキッチンも、生活の変化と共に、使いづらさを感じるようになっていませんか?

キッチンリフォームは、キッチン本体の機器を交換するだけではありません。キッチン背面の収納を造作で作ることも、キッチンリフォームのひとつです。

キッチン背面の空間を有効活用し、収納や作業スペースとして使うことができれば、毎日の家事もストレスなく行えるようになるでしょう。

この記事では、キッチン背面収納造作のメリットや種類、リフォーム時の注意点などをご紹介します。

キッチン背面収納造作のメリット

キッチン背面収納造作メリットを紹介します。

  1. 不便なキッチンの動線を解消
  2. コンセントの位置に振り回されなくなる
  3. 背面収納がインテリアの一部に

シンクやコンロなど、キッチン本体のリフォームに比べると、「背面収納造作リフォーム」と聞いても、そのメリットや内容を想像しにくいのではないでしょうか。

実は、キッチン背面収納造作には、お皿や調理器具の収納量がアップするだけでなく、キッチンや、リビング全体を快適にする効果があるのです。

キッチン背面収納造作 不便なキッチンの動線を解消

キッチン動線

家電や小物を置くスペースが少ないキッチンでは、まな板を置いたりお皿を並べたりするスペースが足りず、思うように調理を行えないため、毎日の家事が億劫になってしまいます。

このような窮屈なキッチンでは、背面に、収納を兼ねた作業用のカウンターを設けて、作業スペースを拡張すると良いでしょう。

あるいは、冷蔵庫やゴミ箱から離れた位置にあるようなキッチンでは、ひとつ作業を行うたびに、キッチンの間を何度も往復しなければなりません。

空間の中での人の自然な動きを表す線を「動線」と呼びますが、往復や回り道が何度も発生するキッチンは、「動線が悪い」と言えます。

動線とは

建物の中を人が自然に動く時に通ると思われる経路を線であらわしたもの。

建物の間取りを設計する際に気をつけなければならない。

設計の際に利用者の行動パターンを予測し、より明快に、
また移動距離が長くなりすぎないように平面計画を練る。

設計において動線を特に考慮することを動線計画という
 

こういったケースでは、背面収納のサイズを小さくしたり、冷蔵庫用やゴミ箱のスペースを設けたりして、冷蔵庫を流し台や作業カウンターの近くに移動させることで、移動距離が最小限に抑えられた、快適な動線のキッチンを手に入れることができます。

キッチン移動▼

なお、動線は、人がその建物で生活をした時に初めてわかるため、設計図や間取り図に、実際に線で表示されているわけではありません。

しかし、何年も繰り返していて当たり前になっている動きの中に、実は非常に不便な動線が隠れていることがあります。

リフォームを行う時は、現在行っている家事の流れをよく思い出し、改善できる箇所がないか、ひとつずつ見つけていくことが重要なポイントとなります。

キッチンの動線やレイアウトのコツなどは、当ブログのこちらの記事でも解説しています。
参考記事▼【キッチンの動線】が調理時間を決める?最小限の動きで完結するキッチンのレイアウトの考え方

キッチン背面収納造作 コンセントの位置に振り回されなくなる

背面収納には、電子レンジやトースター、炊飯器やミキサー、コーヒーメーカーなど、多くの家電製品が置かれます。また、キッチンの必需品である冷蔵庫を置くスペースも、キッチンの近くに確保しなくてはなりません。

ところが、長い間生活していて、徐々に家電が増えてくると、背面収納のコンセントが不足するようにます。家電が思い通りに配置できないと、延長ケーブルや各家電のケーブルがあちこちに伸びてしまいます。

リフォームで、コンセントの位置と手持ちの家電に合わせて背面収納を造作することができれば、住んでいる人にとって、最も効率の良い家電の配置を考えることができます。

キッチン背面収納造作 背面収納がインテリアの一部に

腰壁5

背面収納造作は、自由な素材やサイズで作ることができます。インテリアのイメージに合わせて背面収納を造作することで、オリジナルキッチンを作ることも可能です。

例えば、扉カラーやキャビネットを白で統一して、モダンなキッチンにしたり、木目調で統一してカントリー風のキッチンにしたりすることができれば、よりインテリアに調和したキッチン空間となるでしょう。

また、小物や家電のサイズや数に合わせて背面収納を設計することができますので、手持ちの家具がすっきり整理され、開放感のあるダイニングやリビングを手に入れることもできます。

なお、背面収納を造作すると、キッチン背面に物が増え、空間全体に圧迫感を感じてしまうことがあります。

そのような場合は、背面収納の扉をガラス張りにすることで、明るさと開放感をプラスすることができます。

ガラス張りにした時、リビングから背面収納の中身が見えて気になるという場合は、中身が見えにくい擦りガラスタイプを選ぶと良いでしょう。

キッチン背面収納造作リフォームの方法

キッチン造作は自由度が非常に高いため、リフォームを行う現場によっては、行わない方が良い造作もあります。

背面造作リフォームを成功させるためにも、リフォームの方法と、それぞれを行う時の注意点を知っておきましょう。

キッチン背面収納造作 収納扉を引き戸タイプ

開き戸タイプの収納は、扉を開けた時に多くの空間を使います。さらに、うっかり開けっ放しにしていると、立ち上がった時や振り返った時に、頭や体をぶつけてしまう恐れもあります。

一方、扉が左右にスライドする引き戸タイプの収納であれば、キッチンのスペースを圧迫することがなく、軽い力で開閉することもできるようになります。

ただし、収納空間を全開にできる扉タイプに比べると、引き戸タイプは食器や調理器具などを、やや取り出しにくくなります。

そのため、キッチンと背面収納の幅が、最低推奨サイズの800mm確保するのが難しいようなレイアウトであれば引き戸タイプにし、扉を全開にしても人が1人通れるような広いキッチンであれば扉を選ぶなど、臨機応変にプランニングすると良いでしょう。

ワンポイントアドバイス

キッチンと背面収納の幅は、最低推奨サイズの800mmを確保する方が使いやすい。

キッチン背面収納造作 吊戸棚を追加する

吊戸棚とは、天井や壁に固定して取り付ける棚のことで、ウォールキャビネットと呼ばれることもあります。

吊戸棚は、キッチンでは定番の収納アイテムとして知られており、床やカウンターに家具や家電が置かれていても、天井付近の空間を有効に使うことができます。

吊戸棚は、高い位置に設置しますので、使う人の身長に合わせてサイズを選ばなければ、使用するたびに踏み台が必要な、不便な収納になってしまいます。

通常、身長が約160cm前後の人であれば、腕を目いっぱい伸ばさなくても取り出せるのは、天井から約750~650mmサイズの吊戸棚になります。

さらに大きな約800~900mmサイズの吊戸棚であれば、使う人の目の前に棚の最下段が位置します。ただし、あまり低すぎる位置に吊戸棚があると、大きな電子レンジやコーヒーメーカーが置けなくなる恐れがあるため、必ずしも手が届けば良いとは限りません。

参考記事▼【キッチンの吊戸棚】ポイントはアイレベル!使いやすさを徹底解説

吊戸棚も、むやみにサイズが大きいものをいくつも取り付けると、収納だらけで作業空間が少ない、不便なキッチンになってしまうことがあります。

そのため、ふだんは使用しない季節物のお皿や調理器具など、使用頻度が少ない物を収納するサブスペースとして、吊戸棚のサイズや数を選ぶと良いでしょう。

キッチン背面収納造作 スライド引出しを追加する

フロアコンテナ2

背面収納のカウンター下に、スライド引出しを作っておくと、普段は炊飯器を中に収納しておき、使う時は引出しを手前に引くという、柔軟な使い方ができるようになります。

カウンターの上に置く家電を減らすことができますので、他の家電や収納ケースを追加したり、作業スペース代わりに使ったりすることも可能です。

造作リフォームであれば、スライド引出しの内部にコンセントを設けることもできます。

キッチン背面収納造作 施工時の注意点

キッチン背面収納造作の設計、プランニング時の注意点をご紹介します。

  1. キッチン背面収納造作の注意点
  2. プランニングによっては施工費用が割高になる
  3. 周辺スペースに配慮して設計する
  4. 現場での入念な設計が必要

キッチン背面収納造作の注意点

キッチン背面収納造作では、自由度の高さがかえって失敗や施工ミスを招く恐れがあります。

ご自身の家にとって、追加すべきものと不必要なものを見極め、できるだけ時間をかけながら、見積もりやプランニングを進めることが重要です。

プランニングによっては施工費用が割高になる

ホームセンターやメーカーで販売されている、既製品のキッチン背面収納家具は、家具の本体価格と、空きスペースに取り付ける作業の費用のみで済みます。

しかし、背面収納造作は、家具の設計、組み立て、取り付けに加えて、既存の間取りに合わせるために、部材のカットや加工など、家具を製作するための大工作業が発生します。

そのため、施工費用・材料価格ともに、既製品の家具よりも割高になることがあります。

特に、背面収納のサイズが大きくなるほど、使用する部材の量や取り付け金具の数、施工箇所も増えるため、より高額なリフォームとなる恐れがあります。

見積もりを作成する時は、背面収納に使用する素材の種類や、吊戸棚のサイズ、スライド収納の有無など、細かい設備の有無を比較しながら、見積もりの金額を調整していくと良いでしょう。

周辺スペースに配慮して設計する

背面収納をリフォームする時は、キッチンスペースが狭くなりすぎないよう、ゆとりをもって設計しなければなりません。

大人2人がすれ違ってもスムーズに移動できるとされる通路幅は、
約1200mmと言われます。そのため、住宅の廊下は、最低でも1200mmの幅を確保しなければならないと建築基準法で決められています。

さらに、腕を動かして、物を取ったり作業をしたりするためには、約800~850mm程度の広さがなければ、ひじや手首がぶつかり、思うように作業が行えません。

そのため、キッチンと背面収納の間は、最大で1200mm、最低でも800mmは確保しておくことが望ましいでしょう。

また、ゴミ箱を置くスペースは、間取り作りで特に忘れがちですので、漏れがないように設計に反映させておきましょう。

現場での入念な設計が必要

キッチン本体の交換リフォームは、現場の状態にもよりますが、平均して約3~5日、最短で2日で完了します。

工事の内容は、既存のキッチンの撤去、壁や床の補修、新しい機器の組み立て・取り付け、電気・ガス・水道の取り付けなどですが、それぞれの作業自体は短時間で終了します。

しかし、キッチン背面収納造作のためには、既存の間取りに合わせて現場で採寸を行うため、設計に多くの時間が必要になります。

既製品の背面収納家具や、扉がないシンプルな棚の造作工事であれば、約3日で取り付けることができますが、完全に造作する場合は、最低でも施工に約5日間はみておく必要があります。

また、既存の間取りにオーダーメイドで柔軟に対応できる点が、キッチン背面収納造作のメリットですが、もし設計が一部でも狂うと、部材のロスや商品の誤発注に繋がってしまいます。

そのため、現場での採寸は時間をかけてしっかり行わなければなりません。

なお、DIYで背面収納を作る方法もありますが、部材の取り付けが甘くなったり、壁や部材に合わない接続金具を使ったりすると、重たい食器を置いた時などに、棚や天板が落下し、事故やケガの恐れがあります。

大工経験をお持ちの方以外は、できるだけ専門のリフォーム業者に依頼して、しっかり取り付けておくと安心です。

キッチン背面収納まとめ

キッチン背面収納造作は、使いづらく狭いキッチンを改善する、非常に有効な手段となります。費用は既製品の家具よりも割高にはなりますが、ほとんどオーダーメイドのように、現在の暮らしに最も適したキッチン収納を手に入れることができます。

せっかくのリフォームで理想的なキッチンを手に入れるためにも、調理器具や家電の数など、現在のキッチンの使用状況に応じて、背面収納のサイズや吊戸棚の高さなどをしっかり選んでいきましょう。

 

こちらの記事もおすすめ

【キッチンリフォーム】絶対に知っておくべきポイントを大公開

【スライド収納に憧れてる女性に】収納力、使いやすさ、魅力をすべて伝えます!!

【キッチンの腰壁】はアリ?ナシ?機能や決め方を徹底解

システム キッチン サイズ大全集!女性の方にもわかりやすく紹介する7つのポイント

【2階にキッチン増設】もう限界!姑と同じ台所使うなんて無理

キッチンリフォーム価格

詳しく見るPC現本

施工事例
STAFF111

詳しく見るPC現本

お気軽にご相談下さい

上田
優和プランニングではお客様に安心して水回りリフォームを行っていただくために全力でサポートさせて頂きます。

現在ではホームページからのご相談が多く施工実績も3.000件を超えております。お客様1人1人にあった最適なリフォームをご提案させて頂きます。

水回りリフォームについてお悩みなら、無料相談でスッキリ解決してみてはいかがでしょうか?

電話する2CTA

腰壁5




 
無料相談
 

 

電話でのご相談AM9:00~PM20:00年中無休受付中
電話するCTA

メールでのご相談は24時間365日年中無休で受付中
メールするCTA

 

無料 匿名でキッチン、お風呂の見積もりサービス
見積もりするCTA