【壁付けキッチン】は あえて見せる!オシャレ主婦は実践済み

flamekitchen_vi

キッチンリフォーム価格

施工事例
STAFF111

こんにちは、大阪の水回りリフォーム専門の上田です。

みなさんはどんなキッチンに憧れをもっていますか?

清潔感があっておしゃれなキッチンで、尚且つ使いやすい。それでいて、ありきたりなものではないオリジナリティのあるもの。そんなキッチンに憧れている方は多いと思います。

そんなキッチンにリフォームすることはもちろん可能です。アイデアと工夫次第でキッチンは大きく生まれ変わります。

でも、その時に気をつけなければならないことがあります。それは、そんなおしゃれなキッチンなのに安易に対面式を選んでしまうことです。

カウンターキッチンなどの対面式キッチンが今の主流であり、多くのメーカーからいろいろなタイプの商品が発売されています。

機能性などを考えると対面式をオススメしたくはなりますが、せっかくおしゃれなキッチンにするのなら、壁付きキッチンの方が良い場合もあります。

今回は、おしゃれなキッチンにはなぜ壁付けキッチンが似合うのかを、少しお話したいと思います。

壁付けキッチンはおしゃれを見せられるキッチン

im_suiji05

まず壁付けキッチンとは何なのかですが、住宅の壁にキッチン全体がぴったり張り付いたものと考えて下さい。

昔の住宅では一般的な作りのキッチンですが、最近の新築一戸建や新築マンションではほとんど見かけなくなりました。

壁付けキッチンから対面式のキッチンへリフォームされる方も非常に多いです。

それは、対面式のキッチンの方が機能的な面で優れているからではないでしょうか。

タカラ エーデル対面式キッチンとは

リビングやダイニングに対面する形で作業できる開放的なキッチンスタイル。作業中も家族と対話しながら作業できるのが長所。

壁付けキッチンのデメリットとしてよく挙げられるのが、ひとつは常に横移動になるため調理中の移動距離が長いということ。

そして、もうひとつは常にリビング・ダイニング側からキッチンが見えるので、常に整理整頓を心がけないと生活感が出やすいということが挙げられます。

特に、対面式キッチンはカウンターなどで目隠しを作ることができるので、キッチンの生活感をリビング・ダイニング側から見えなくすることが出来き、急な来客の際にもキッチンの散らかり具合をそれほど気にしなくていいというのは大きな利点です。

しかし、逆に言うとどれだけお洒落に仕上げても、対面式キッチンではリビング・ダイニング側からはほとんどキッチンが見えないという場合も多く、十分にLDKの雰囲気を楽しめないという事もあるのです。

また、考えようによっては壁付けキッチンの「見える」というデメリットを、おしゃれな「見せる」キッチンにして打ち消せるとも言えるでしょう。

対面式キッチンはLDKに十分なスペースがないと難しく、間取りによっては設置できない事もあります。

そんな時には目一杯おしゃれにしてみるのも、ひとつの方法ではないでしょうか。

壁付けキッチンをおしゃれにする方法

では、壁付けキッチンをおしゃれにするにはどのような方法があるでしょうか。ほんの一例ではありますが、少しご紹介したいと思います。

  1. 出窓を使っておしゃれに
  2. 扉のない棚でおしゃれに
  3. キッチンパネルではなくタイルを使っておしゃれに

出窓を使っておしゃれに

2a286928d1c2875f4e6fa7262100ddbe7658fd86

壁付けキッチンの特徴のひとつに、窓を付ける事ができるというものがあります。この窓を出窓にし、そこをおしゃれにアレンジするというのは意外と簡単に出来て、手入れもそれほど必要ではないので、おすすめの方法です。

すでに出窓がある状態なら、旧式の壁付けキッチンでも工夫次第でレトロで温かみのある雰囲気を出す事ができ、壁付けキッチン本体を変えなくてもDIYで変身させる事も可能です。

ただし、新たに出窓を取り付ける場合は隣の家との間隔や窓を付ける方角など、気を付けなければいけない事も多く、工事費もそれなりに掛かるということには注意が必要です。

また、マンションの場合は新たに窓を取り付ける事はまず不可能です。

扉のない棚でおしゃれに

壁付けキッチンでは、基本的に吊戸棚(シンクや調理スペースの上に付いている開扉の棚)がついていますが、これを取り払って扉付きでないオープンの棚にしてしまうのも、ひとつの方法です。

参考記事▼【キッチンの吊戸棚】ポイントはアイレベル!使いやすさを徹底解説

収納はシンク下などにまとめてしまって完全な飾り棚にするのもいいですし、普段使用する食器もおしゃれなものに統一して、収納とディスプレイを兼ねる作りにしてもいいでしょう。

ただし、扉がないという事は埃も溜まりますし、水跳ねや油跳ねも気にしなくてはいけませんので、そこは注意してください。

キッチンパネルではなくタイルを使っておしゃれに

昔の壁付けキッチンの壁といえばタイルでしたが、今ではキッチンの壁と言えばキッチンパネルが当たり前になっています。

キッチンパネルとは
キッチンパネルは汚れが付きにくく落としやすい素材で出来ており、タイルに比べてお手入れはかなり簡単です。

キッチンパネルを水回りに使用した参考記事です。

洗面所の水はね防止リフォーム

2016.08.18

水回りにキッチンパネルを貼りたいねん!!洗面所に絶対貼りたいねん!掃除がメッチャ楽やで!

2017.02.28

キッチンパネルは汚れが付きにくく落としやすい素材で出来ており、タイルに比べてお手入れはかなり簡単です。

しかし、キッチンパネルはどれも似たようなデザインが多く、特徴的な柄が入ったものは殆どありません。既製品感が強くでてしまうのはデメリットと言えます。

その点タイルは意匠性に優れており、本当に多くのデザインのものがあります。

また、タイルを組み合わせる事も可能なので自由なアレンジができ、オリジナリティを出すことが出来るのも魅力的です。

ただ、日々のお手入れには気をつけなければいけない事と、キッチンパネルと比べて材料費、工事代ともに高くなってしまう事には注意が必要です。

壁付けキッチンは食器棚もおしゃれに

おしゃれな壁付けキッチンを目指す上で、食器棚に気を使うことも重要です。壁付けキッチンの特徴はキッチンがリビング・ダイニング側から全て見えることですので、もちろん食器棚の全容も全て見えてしまうからです。

参考施工事例▼リクシルのカップボードで~大容量収納~を実現!東住吉区

まずはキッチン本体の作りを考えて、それに合った食器棚を考える事が大切です。吊戸棚をオープン棚に変えたのなら、合わせて食器棚もオープン仕様にしてもいいでしょうし、食器の収納をシンク下などにまとめるなら、食器棚のスペースを飾り棚にして、LDK全体の雰囲気を演出するのもよいでしょう。

im_suiji05

せっかくキッチン本体をおしゃれに仕上げたのに、食器棚で雰囲気が台無しというのは避けたいところです。

壁付けキッチンは家電を隠す間取りで

おしゃれなキッチンを演出する際に厄介な存在となるのが、炊飯器や冷蔵庫などのいわゆる白物家電です。

日本の家電は、性能は抜群ですがデザイン性に乏しい部分があり、家電があると一気に生活感が出てしまいます。

最近はスタイリッシュなデザインの家電も増えてきましたが、キッチンやLDKの雰囲気の方向性を家電に合わせなければいけないケースも多く、選択肢が限られる傾向にあります。

そこでオススメなのが、LDKを家電が隠せる間取りにしてしまうというものです。LDKの中に独立した1部屋を作って広めのパントリーにし、そこに家電を置く。

もしくは、LDKの壁の一部を大きめのクローゼットにして衣類ではなく、家電やキッチン用品を収納する。といった間取りにするのです。

パントリーとは
食器や食品類を貯える小部屋。簡単な流しがついたものもある。
 

使用するとき以外は目に触れないように、家電を隠してしまうのは究極的に思われるかもしれませんが、スペース的に叶うのであれば、最善の方法ではないかと思います。

おしゃれキッチンを少しでも使いやすくするLDKレイアウト

さて、ここまで壁付けキッチンを如何におしゃれにするかをご紹介してきましたが、最初にお話ししたように壁付けキッチンは対面式キッチンと比べると機能面で劣る、つまりは調理中の作業は対面式キッチンの方がやりやすいということです。

そこで、そんな壁付けキッチンを少しでも使いやすくするLDKのレイアウトをご紹介したいと思います。

壁付けキッチンはL型がオススメ

壁付けキッチンが使いにくい最大の理由は横移動が多いからです。

壁付けキッチンでは、横一線に冷蔵庫、食器棚、シンク、コンロが並ぶ場合が多く、調理中の移動は全て横移動になります。

参考記事▼【キッチンの動線】が調理時間を決める?最小限の動きで完結するキッチンのレイアウトの考え方

対面式キッチンではコンロやシンクの背面に食器棚や冷蔵庫を配置する事が多いので、食材や食器を出すのを振り向くだけで済ます事が可能であり、これは大きな違いになります。

キッチンでの作業のポイントになるのは、冷蔵庫、コンロ、シンクです。そして、この3つを結んで出来る三角形をワークトライアングルと呼び、この3辺の長さの合計が360cm~660cmだと、効率の良いキッチンとされています。

キッチン移動▼

壁付けキッチンでは3辺の長さ云々の前に、そもそも三角形が出来ない事が多いのです。そこでオススメなのが、キッチン本体をL型キッチンにすることです。

L型キッチンにするとコンロとシンクは直角に配置されるので、3辺の合計は長くなりがちですがワークトライアングルを形成する事ができます。

これでもキッチン全てがオープンという条件は変わりませんので、おしゃれを見せるキッチンを維持しつつ、少しでも使いにくいレイアウトを作れると思います。

憧れのおしゃれキッチンに

最後に、ちょくちょく文中でも出てきていますので、お気づきの方も多いと思いますが、おしゃれなキッチンにするということは、ほぼほぼイコールで「掃除などのお手入れが大変で維持が難しいキッチン」という事になります。

また、使いやすいレイアウトでワークトライアングルの話もしましたが、よりLDKの雰囲気を楽しむ為に冷蔵庫は隠したなら、食材や調味料を取りに行く時にドア一枚隔てたところまで行かなければいけませんので、三角形が形成されないどころの話ではありません。

おしゃれは我慢とはよく言いますが、キッチンに関してもそれは当てはまると言えるでしょう。

どこまでおしゃれにして、どこまで実用性をとるのかというのは難しい部分ではありますし、もちろんこれといった正解はありません。

「おしゃれなキッチンを作りたい!」という方はもちろん、「おしゃれと実用性で悩んでいる・・・」という方も、ぜひ一度ご相談ください。一緒にバランスの取れたおしゃれなキッチンを作っていきましょう。

こちらの記事もおすすめ

【キッチン背面収納造作リフォーム】で、使いやすく快適なキッチンへ

【キッチンの腰壁】はアリ?ナシ?機能や決め方を徹底解

【システムキッチンを移動】ズバッ!と費用も公開しています!!

キッチンの選び方のポイント!絶対に失敗したくない方へ。

キッチンリフォーム価格

施工事例
STAFF111

お気軽にご相談下さい

上田
優和プランニングではお客様に安心して水回りリフォームを行っていただくために全力でサポートさせて頂きます。

現在ではホームページからのご相談が多く施工実績も3.000件を超えております。お客様1人1人にあった最適なリフォームをご提案させて頂きます。

水回りリフォームについてお悩みなら、無料相談でスッキリ解決してみてはいかがでしょうか?

flamekitchen_vi





無料相談受付中

電話でのご相談はAM9:00~PM20:00まで年中無休受付中!!通話無料 0120-871-969

メールでのご相談は24時間365日年中無休で受付中!!