【保存版】1LINEアプリをどこよりも詳しく紹介!ハマっても知らないぞ!

1LINE

 

皆さんは暇な時間に何をしていますか?

読書をしたりお散歩したり、お昼寝したりなどいろいろありますが、最近は暇つぶしに脳トレをする方もいらっしゃいます。

そんなに考えることなく脳トレがしたいという方におススメなのがこの「1LINE」というゲームアプリです。

1LINEってどんなゲーム?

1LINE

1LINEというアプリは、一言で表すと「一筆書きゲーム」です。

皆さんも子供のころに、落書き帳に一筆でどんな形が書けるかチャレンジしたこと、ありませんか?

そんな、人差し指だけでゲームが出来ちゃう脳トレアプリなのです。

一筆書きゲームはアプリとして様々な種類がリリースされているのですが、「1LINE」ではそのシンプルな構成に加えて、一筆書きに様々なギミックを追加していることから人気急上昇中なのです!

1LINEの簡単な遊び方

簡単な遊び方を紹介します。

まずインストール方法ですが、iPhoneの方は「App Store」から、Androidの方は「Google Play」の検索欄から「1LINE」と検索すると上部に表示されます。

1LINE

インストールが出来たらアプリを開いて、実際にゲームをプレイしてみましょう!

動画の再生ボタンのような三角ボタンを押すと、レベル選択画面に映ります。

現段階までで実装されているのは「レベル10」までです。

今後のアップデートでは、更なる問題の追加も期待することが出来ますね。

1LINE3

では試しに、レベル1から選択してみましょう。

各レベルの50問の一筆書きの問題が用意されています。

最初に選べるのは問題1,2,3の3問だけですが、正解していくごとに新しい問題がどんどん解放されていきます。

1LINE4

まずレベル1の問題1から見ていきます。

1LINE5

星型で青い点が5つ並んでいますね。

このゲームのクリアの目的は、この色の付いた丸の好きな場所からスタートし、丸を直線でつないで、灰色の形を作ることが出来たらクリアになります。

今回は星型なので非常に簡単ですね。

まず左の丸をタップして、ドラッグで(指を離さないで)操作します。

1LINE6 1LINE7

一つの問題をクリアすると次の問題に自動的に行けるようになります。

1LINEの問題を開放していくには?

1LINEにはレベルが10もありますが、最初にプレイすることが出来るのはレベル1のみです。

レベルを1つ上げるには、前のレベルの問題を50問中25問正解する必要があります。

1LINE8

つまり、レベル2の問題をプレイするためには、レベル1の問題を25問正解しなくてはなりません。

よってレベル10の問題をプレイするには、レベル9の問題を25問クリアしなくてはいけないのです。

しかしレベルが上がっていくと当然、難易度も上がっていくので、暇つぶしとは言えないほどの脳を使うかもしれないので注意が必要ですね。

1LINEならではのギミックに注目!

通常の一筆書きのルールでは「同じところを二度も通ってはいけない」というルールがありますね。

これは暗黙の了解とも言えるでしょうが、1LINEではこのルールを覆すようなギミックも存在しています。

まず次の画像を見てみましょう。

1LINE9

蝶々のような形をした図形を一筆書きで書くという問題です。

様々な回答パターンがありますが、この問題では一つだけある縛りが設けられています。

それが、画面中央部にある赤い不等号の形をしたものです。

この形は、「一方通行」ということが表現されています。

つまり、この矢印の方向にしか線を描いてはいけないというものですね。

右上から線を描いて見ても、確かに繋がるはずの線が、繋がらないようにカウントされています。

1LINE10

他にもこんなギミックがあります。

1LINE11

このロケットのような形ですが、灰色の部分をよく見ると、下のほうが点線になっているのが分かるでしょうか。

この点線の意味は「2度通りなさい」という意味のようです。

通常は一筆書きなので往復することが許されないのですが、この点線は2度通っていいということですね。

逆に言えば、2度通らなければいけないので、さらに脳を働かせなくてはいけません。

1LINEの問題が解けない!そんなときは?

ステージが進んで問題を進めていくと、困難で解けない問題に直面することもあるでしょう。

そんな時には「ヒント」を使ってみましょう。

各問題で使うことが出来、問題画面の右下にある電球のマークをタップすることで使用することが出来ます。

1LINE12

タップすると問題の丸の部分に、1から3までの番号が割り振られます。

そうです。スタートの手順の3番目までを、ヒントとして教えてくれているわけですね。

それでも3番目までの手順で分からない場合は、もう一度ヒントボタンを押してみましょう。

1LINE13

すると4から6番目の手順をさらにヒントとして教えてくれます。

最終手順までヒントを使ってしまうと、その後のヒントボタンは必要がないため、使えなくなります。

しかし注意してほしいのは、ヒントボタンが押せる回数に制限があるということです。

出来るだけ自分で考えて、ヒントを使わずにクリアできるように、いろいろ試してみましょう。

ヒントを使える回数は回復させることが出来ます。

1LINE14

その方法は、ステージ選択画面で電球のマークがついた問題に正解することでヒントを1つ回復させられます。

他にも、ホーム画面の中央部にあるプレゼントボックスをタップすることで、ヒントを1つ回復させられます。

このプレゼントは1度タップするとヒントを1つ回復できますが、次にタップできるのは24時間後です。

1LINE15

ショップからもヒントを購入することが出来ます。ショップ下部には、広告を見ることで、ヒントを1つ回復させられるような機能も付いています。

最後に、1LINEの魅力は?

1LINEは見た目も非常にシンプルで、誰でも取り組みやすいようなアプリになっています。

問題数も合計で500問もあり、ギミックとしてのやりこみ要素もたくさんあるので、大人から子供までついついはまってしまうのではないでしょうか。

更に一筆書きというゲームは、回答が1つだけではないというのも魅力の一つです。

他の人はこんな回答だったけど、こんな答えもあるんだぞという、自己に陶酔することもできるのです。

また、チャレンジモードと言って達成項目をクリアするごとにポイントがもらえるのも、仲間と競い合う際のツールとして使うことが出来そうですね。

お気軽にご相談下さい

上田
優和プランニングではお客様に安心して水回りリフォームを行っていただくために全力でサポートさせて頂きます。

現在ではホームページからのご相談が多く施工実績も3.000件を超えております。お客様1人1人にあった最適なリフォームをご提案させて頂きます。

水回りリフォームについてお悩みなら、無料相談でスッキリ解決してみてはいかがでしょうか?

1LINE




 
無料相談
 

 

電話でのご相談AM9:00~PM20:00年中無休受付中
電話するCTA

メールでのご相談は24時間365日年中無休で受付中
メールするCTA

 

無料 匿名でキッチン、お風呂の見積もりサービス
見積もりするCTA