【キッチンリフォーム】絶対に知っておくべきポイントを大公開

top

キッチンリフォーム価格

詳しく見るPC現本

施工事例
STAFF111

詳しく見るPC現本

こんにちは、大阪の水回りリフォーム専門の上田です。

突然ですが、リフォーム業者である私たちがリフォームの打ち合わせで一番困ってしまうことは何だと思いますか?

それは

お客様に「こういうリフォームがしたい」という希望が全くないことです。

「古くなったから新しいものになればそれでいい」

「よくわからないけど良い感じにリフォームして」

と、具体的な希望がないままにリフォームしようという方は結構いらっしゃいます。

特に希望がないというお客様にはいろいろな質問をして、出来るだけ眠っている「こうしたい」「こうだったらいいな」というものを呼び起こすように心がけています。

せっかくリフォームするのなら新しくなるだけではなく、ライフスタイルに合わせたリフォームをご提案したいと思っているからです。

ただリフォーム会社に相談に来る前に、「具体的な希望を考える」というのは難しい話でもあります。なぜなら、キッチンの知識がない人にどうリフォームしたらいいかの判断などできないからです。

そこで、キッチンリフォームを検討するに当たって何を知っておくべきかということを、ここではお伝えしたいと思います。

これからキッチンリフォームを行う方も、キッチンリフォームに興味がある方も、ぜひ参考にして頂ければと思います。

キッチンリフォームを検討する上で知っておくべき知識

いざキッチンをリフォームしようと思っても、何をどう考えて進めていけばいいかというのは、なかなか分からないものです。

そこで、まずはキッチンリフォームをする上で知っておいた方がいい知識をご紹介しようと思います。

キッチンの種類を知る

どんなキッチンにリフォームするかを考えるには、どんなキッチンがあるのかを知る必要があります。

キッチンの形状によって使い勝手は大きく変わり、キッチンを中心としたライフスタイルも大きく変わると言っていいでしょう。

キッチンは大きく分けると、壁付けキッチンと対面キッチンになります。

壁付けキッチン

リシェル

キッチンが壁にくっつく形で配置されており、キッチンに立つ人が壁を向いて作業することが特徴。

I型やL型の形状が一般的で、LDKにおいてリビング・ダイニングのスペースを圧迫しないことなどがメリットです。

対面キッチン

y

キッチンが壁に面しておらず、キッチンに立つ人がリビング・ダイニングを向いて作業することが特徴。

ペニンシュラ型、アイランド型が一般的で、家族と会話しながら調理ができることなどがメリットです。

壁付けキッチンと対面キッチンの特徴についてより詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。

壁付きキッチンVS対面キッチンはどっちが優れたキッチン?

2017.08.01

キッチンの形状を知る

また、キッチンの形状も大切な要素です。

メーカー独自の形状(A型やV型)は壁付けキッチンや対面キッチンにしか使われないというものもありますが、一般的な形状は基本的にはどのキッチンにも両方に共通して使われています。

I型キッチン(ペニンシュラ型、アイランド型)

ta

I型キッチンはIの字のように、コンロとシンクが横一線に並んだキッチンのことです。

一番古くからある形状のキッチンであり、大きなスペースを必要とせず、どのような間取りのLDKにもフィットすることがメリットです。

デメリットとしては、横移動が多く作業中の移動距離が長くなってしまって、効率の悪いキッチンになりがちだという事が挙げられます。

I型キッチンは壁付けキッチンにも対面キッチンにも使用されます。対面キッチンの場合は、同じI型キッチンでもペニンシュラ型やアイランド型と呼ばれ、カタログにはそのように表示されていることが多いです。

ペニンシュラ型はキッチン本体の片方の側面が壁にくっついているキッチンのことで、非常に一般的な対面キッチンと言えます。カウンターキッチンなどに多く採用されているので、よく目にするタイプのキッチンだと思います。

アイランド型はキッチンと本体がどの壁にも接しておらず、キッチンがLDKの中で独立した状態になっているものをいいます。近年流行っているフルフラットのオープンキッチンで採用されることの多い形です。

ただ、アイランドキッチンは大きなスペースを必要としますので、ある程度の広さがあるLDKでないと設置が難しいという点には注意が必要です。

アイランドキッチンやオープンキッチンの特徴についてより詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。

【アイランドキッチン】で私は3倍リビングをオシャレに見せる!!

2017.08.14

【オープンキッチン】ほんとにオススメ?デメリットを隠さず紹介します!

2017.09.04

L型キッチン

t

L型キッチンはLの字のようにキッチンが90°曲がっており、コンロとシンクが横並びでないキッチンのことを言います。

L型キッチンは調理スペースを広く取れ、シンクからコンロに移動する際に距離が近いので(90°体を動かせばすぐにコンロ!)、効率が良いというのがメリットです。

デメリットとしては、角の部分がデッドスペースになりやすいということが挙げられます。

L型キッチンも壁付けキッチンにも対面キッチンにも使用されています。

ⅱ型キッチン(セパレート型)

ii

ⅱ型キッチンとは、シンクとコンロが別々の本体に付けられているキッチンのことです。2列の本体から成るキッチンなのでⅱ型キッチンと呼ばれており、セパレート型とも言われています。

このⅱ型キッチンはシンクとコンロが横並びでなく背面同士に設置されているので、調理中の横移動が物凄く少なくて済むことがメリットです。

デメリットは広いLDKでないと設置は困難だというところでしょうか。

また対面キッチンの場合は、リビング・ダイニング側にある本体にはシンクを、背面の壁側にある本体にはコンロを置いた作りになることが多いのも特徴です。

キッチンの形状

● I型キッチン(ペニンシュラ型、アイランド型)

● L型キッチン

● ii型キッチン

それぞれメリット、デメリットがある。 

システムキッチンの選び方

システムキッチンにどんな形があるか、それが分かると、どの形のキッチンが欲しいかというのが何となく出てきた人もいるでしょう。

じゃあそのキッチンに決定…というわけには実はいきません。

どんなキッチンの形状が良いかという最終判断には、様々な要素を考える必要があります。

家族構成を考える

91b17b78a09dce1f2b2a26764798292c_s

システムキッチンを選ぶ上で、今の家族構成や生活習慣を念頭に置くことは非常に重要です。

例えば食べ盛りのお子さんが3人もいるご家庭のキッチンは、毎日のお弁当と夕飯で調理自体が物凄く大変。

それなのに「おしゃれを意識したキッチン」にしてしまうと、効率が悪く調理が大変なのはもちろん、おしゃれな見た目も維持できなくなっていきます。このような場合、おしゃれはほどほどに作業効率の良いキッチンを選ぶべきです。

また、5年後10年後のライフスタイルがどのように変化しているかも合わせて考えると、なお良いと言えるでしょう。

今は一人でキッチン立っている奥様も、あと何年かすれば娘さんと一緒に調理することになるかもしれませんし、逆に子供が自立すれば広いキッチンは必要ないかもしれません。

5年ごとにリフォームをする…というなら話は別ですが、やはりある程度は先のことも見据えてキッチンは選んだ方が良いでしょう。

もちろん、今の条件と5年後10年後の条件を同時に満たすことのできるリフォームは難しいとは思います。ただ「こうなっても大丈夫なように」と考えるのは大切です。

今は部分的にリフォームをして、5年後に残りをリフォームするというのも一つの方法です。

部屋の広さを考慮する

Picto20151016_023

リフォームしたいキッチンのイメージがあっても、そのキッチンが実現可能かというのは当然ですが重要です。

例えばアイランドキッチンが良いと思っても、LDKに十分な広さがなければ設置はできませんし、作業スペースの広いL型キッチンにしようと思っても、冷蔵庫や食器棚を置くスペースを確保できないなら設置はできません。

じゃあ、そこでそのリフォームを諦めるのか…ということではなく、実現に向けて何が必要かを考えないといけないということです。

LDKにスペースがないなら、単純にLDKを広くするという手もありますし、LDKの面積を変えなくても配置を工夫すれば可能になる場合もあります。

この時に考えないといけないことは、キッチンの配置だけでなく冷蔵庫や食器棚といったキッチン家具、そしてLDKにあるテレビやソファーといったキッチンに関係のない家具の配置も重要になってきます。

これは動線という「部屋の中での動きやすさ」を考えないと、あとあと大変なことになってしまうからです。

動線とは人が動くときに辿る線のことで、キッチンでの作業を考えればコンロ・シンク・冷蔵庫を結ぶ三角形の3辺の合計が3.6m~6.0mに収まることが良いとされています。

この線が長すぎると非常に使いづらいキッチンになりますし、短過ぎると狭くて使いづらいキッチンということになります。

動線についてより詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。

【キッチンの動線】が調理時間を決める?最小限の動きで完結するキッチンのレイアウトの考え方

2017.07.09

希望が決まったらプロに相談する

家族構成や動線以外にも、家の強度や給排水などの設備も考えてキッチンは選ばないといけません。

最終的にはプロの目線が絶対的に必要となるので、「こういうキッチンにしたい」というイメージが出来れば、プロに相談してもらうのが良いと思います。

システムキッチンで叶えるおしゃれ空間

アレスタ3-3

キッチンリフォームのご相談で「おしゃれなキッチンにして欲しい」というお話はよく伺います。

収納は扉をつけずに見せる作りにしたり、逆に家電は隠す作りにしたり。インテリアや雑貨を置くスペースをDIYで別に作るなど、キッチンをおしゃれに見せる方法はたくさんあります。

もっとおしゃれなキッチンを目指したい方は、こちらの記事を参考にして下さい。

【壁付けキッチン】は あえて見せる!オシャレ主婦は実践済み

2017.07.30

ただ、おしゃれもこだわりすぎると維持が大変ということには注意が必要です。おしゃれは我慢とはよく言いますが、キッチンに関してもそれは当てはまると言えるでしょう。

しかし、最新のキッチンにするだけで「おしゃれな空間」を演出することも可能です。最新のキッチンにすればそれだけでLDKは明るくなり、スタイリッシュな感じにすることはできます。LDKに壁紙やフローリングとの調和も考えれば、よりエレガントな仕上がりになります。

ただし、扉のカラーにはランクがあって、よりスタイリッシュなデザインのものは高価になることには注意が必要です。

評判の良いシステムキッチンがベストフィットとは限らない

キッチンのことを調べれば調べるほど、「キッチンにはいろいろありすぎて迷ってしまう」と言われる方も多いです。

「わからないから評判の良いキッチンにして」と言われることもあります。

多くの人が良いというものが、その方にとってベストフィットとは限りませんが、迷った場合にはこれも悪い選択肢ではありません。ただ、考えることを放棄してとりあえずというのはあまりおすすめしませんが。

また、自分の家にあったキッチンと、自分が望むキッチンが乖離してしまって悩む方もいらっしゃいます。そんな時は、出来るだけ自分の望むキッチンにした方がいいでしょう。

リフォームは決して安い買い物ではありません。希望と使い勝手のバランスは大事ですが、基本的には毎日キッチンに立つ方がリフォームをすることによって幸せを感じることが一番のリフォームだと思います。

それと、キッチンの形状や配置はなんとなく決まったけど、キッチンのメーカーはよくわからないという方も多いです。そんな時は、評判のキッチンメーカーを選んでおけばまず間違いありません。

キッチンのリフォームといえば何といってもクリナップ

kurinappu

当社でおすすめしているキッチンメーカーは株式会社クリナップです。

日本には数多くのキッチンメーカーが存在し、それぞれに特色のあるキッチンを世に送り出していますが、これと決まったメーカーの希望がない場合はクリナップを断然おすすめします。

クリナップをオススメする理由は、製品としてのクォリティが高くそれでいて値段もお手頃、というところです。クリナップ独自の技術で多くの特色をキッチンに持たせながら、この価格を保っていることはいつも頭が下がる思いです。

他のキッチンメーカーが悪いというわけでは決してありませんが、クリナップが頭ひとつ抜けている感は否めません。他の有名なキッチンメーカーはキッチンを作っている歴史が浅い、というのはあまり知られていないことかと思います。

TOTOやLIXILは陶器のメーカーですし、PanasonicやYAMAHAは電気製品のメーカー。これからの企業は、事業を拡大する為にキッチン業界に参入してきたという経緯があります。

しかし、クリナップは食卓の製造から始まり1960年にステンレス流し台の製造を開始。そこからキッチン一筋で約60年もの間、日本の家庭を支えてきたメーカーです。

だから良いというわけではありませんが、クリナップの作るキッチンはキッチンメーカーにだからこそできる「キッチンらしさ」を感じることができるキッチンだと思います。

では、具体的にどのような部分がオススメなのかをご紹介しようと思います。全ての性能をご紹介すると大変ですので、クリナップにしかないコレ!という特色を中心にご紹介します。

クリナップの特色①「ステンレス エコキャビネット」

ステンレスエコキャビ

クリナップのキッチンの最大の特徴はステンレスで出来ているということです。こういうと時代遅れなイメージをもつ方もいらっしゃるかもしれません。「今は人造大理石の時代でしょ?」とお思いの方も多いでしょう。

人造大理石とは

アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とした大理石の代用品。近年はキッチンのシンクやワークトップ(作業スペース部分)に使用されている。汚れが付き着にくく衝撃に強いが、熱に弱いという性質もある。

でも、私が話をしているのはキッチンの見える部分のことではないと言ったらどうでしょうか?

キッチンは基本的に木材で出てきています。枠組みはもちろん、扉や引き出しなども木材で作ったものを表面加工していることがほとんどです。先ほどお話した人造大理石のワークトップも、基本的には木板の上に人造大理石を乗せて作られています。

しかし、クリナップのキッチンは枠組みから土台、引き出しの底板に至るまで、全ての箇所をステンレスで作っています。木製キッチンに比べてステンレスのキッチンは、

  1. カビが繁殖しにくくニオイもつきにくい
  2. 水汚れやサビ、熱にも強く、お手入れもカンタン
  3. サビに強く長寿命

と、清潔で長持ちというところがステンレス素材の良い部分です。

そう何度もキッチンはリフォームが出来るものではありません。出来るだけ長くキッチンを使っていただきたいという想いから、当社ではクリナップをおすすめしています。

クリナップの特色②「流レールシンク」

2流れるシンク

クリナップではシンクもステンレスが人気です。

「ステンレスのシンクって音が大きくて汚れやすそうだけど・・・」と思われるかもしれませんが、クリナップのステンレスシンクにそんな心配はご無用です。

クリナップのキッチンには独自の技術で開発された、水を流しても図書館並みの静かさを実現した「美・サイレントシンク」が採用されています。

さらにクリナップでは、このシンクを進化させた「流レールシンク」を開発。

調理中や洗い物の時の音が気にならないばかりか、独自コーティングと特殊エンボス加工によって水汚れやキズがつきにくい高機能シンクとなっており、お料理中などで使う水が野菜くずや油汚れを集めて排水口へ自然と流れていく構造をしているので、お手入れも簡単です。

このシンクは人造大理石のワークトップにも組み合わせることができるので、作業スペースは人造大理石がいいという方にも使っていただけます。

クリナップの特色③「洗エール レンジフード」

洗えーる

レンジフードの汚れって、みなさんはどれくらいの期間で掃除していますか?

3ヶ月に1度という方もいれば年に一回、大掃除の時だけという方も多いでしょう。でも、本当は月に1度くらいは掃除をした方がいいものではあります。

でも、レンジフードのお掃除って大変ですよね。近年のキッチンは大昔のキッチンに比べれば掃除はしやすくなっていますが、それでもまだまだ大変。そんな大変なレンジフードのお掃除も、クリナップならボタンひとつでできてしまいます。

クリナップの「洗エール レンジフード」なら月に一回、専用の給水トレイにお湯を入れてボタンを押すだけで、自動でレンジフードを洗浄してくれます。

そして、使用水量も0.65ℓと少なく洗剤も使用しないという優れもの。メーカー調べですが、一般的な手洗いと比較すると約27ℓもの大幅な節水になるそうです。

クリナップのシリーズについて

どのキッチンメーカーもそうなのですが、キッチンにはシリーズというものがあります。厳密には違いますが、簡単にいうとランク分けのようなものだと考えて下さい。

一般的にはどのメーカーも高級ランク、中級ランク、低価格ランクに分かれており、中級ランク以上のキッチンに、メーカーの特色が反映されているということには注意が必要です。

クリナップでいうと、先ほどご紹介した「ステンレス エコキャビネット」「流レールシンク」「洗エール レンジフード」は、中級ランク以上のキッチンにしか採用されていません(「洗エール レンジフード」は中級以上でもオプション対応です)。

では、クリナップにはどのようなシリーズがあるのか見ていきましょう。

クリナップの高級ランク「SS」

SS

クリナップの最上級ランクは「SS」というシリーズになります。

これは「ステンレス システムキッチン」の略であり、まさにステンレスにこだわってきたクリナップを代表するキッチンと言えます。

もちろんこのシリーズの商品には先ほどご紹介したクリナップの魅力は全て詰まっており、それ以上のプラスの機能も採用さています。

ひとつはステンレスワークトップを選んだ時、ワークトップにも「流レールシンク」と同じ特殊コーティングがなされていることが挙げられます。作業スペースもシンクと同じように汚れが付きにくく落ちやすい加工がされているのです。

他のランクのワークトップも従来のステンレス商品と比べると、格段に綺麗を保てるものですが、「SS」はその上を行く綺麗さが実感できます。

それと「SS」の収納は他のランクのキッチンよりも自由度があり、よりご家庭に沿ったキッチンをプランニングすることも可能です。特にシンク下の引き出しには工夫が施されており、使いやすさを兼ね備えたデザインになっています。

他にも選べるカラーが多く、より高級感のある仕上がりになることも特徴のひとつです。

クリナップの中級ランク「クリンレディ」

クリン

「クリンレディ」はクリナップの中級ランクに位置する商品です。

一番クリナップらしいキッチンが「クリンレディ」と言えるかもしれません。

先ほどご紹介した「ステンレス エコキャビネット」「流レールシンク」「洗エール レンジフード」が採用されているので、迷ったら「クリンレディ」という形でも良いかもしれません。

クリナップの低価格ランク「ラクエラ」

raku

そして、クリナップで低価格タイプにあたるのが「ラクエラ」です。

このキッチンはクリナップの商品ではありますが、「ステンレス エコキャビネット」は採用されていませんので木製のキッチンになります。

また「流レールシンク」はオプションで選ぶこともできず、選べるのは「美・サイレントシンク」までです。「洗エール レンジフード」もオプションで選べません。

ただ、この「ラクエラ」が選ぶ価値のないダメなキッチンというわけでは決してありません。

他メーカーの低価格帯の商品と比べると優れていると思いますし、ワークトップとシンクの両方を人造大理石にしたいという人なら、「ラクエラ」の方がぴったりな商品と言えるでしょう。

クリナップ以外のシステムキッチンメーカーの特色は?

当社ではクリナップのキッチンをイチオシでお勧めしていますが、「そうは言われても他のメーカーも気になる」や「クリナップの特徴にはあまり惹かれるものがなかった」という方もいらっしゃると思います。

そんな方の為に、簡単ではありますが他の主要なキッチンメーカーの特徴をご紹介しておこうと思います。

リクシル

W

リクシル最大の特徴は「Wサポートシンク」。

2段のレーンとプレート、そして水切りカゴを組み合わせることで、調理をしながら後片付けも並行して行う場合に、物凄く効率がアップするという優れもの。シンク内のプレートを使って、水ハネを気にせずに茹でこぼしができたりもします。

また最上位ランクのキッチンでは、人造大理石より固くて丈夫、そして熱にも強いセラミックで作ったワークトップも選べたりします。

パナソニック

加熱調理

パナソニックと言えば「トリプルワイドコンロ」。

今では3口コンロが当たり前になりましたが、小さい3口目は使いづらく、使わないという方も多い。それなら3口目も使いやすく横に並べてしまおうというのが、トリプルワイドコンロの発想です。

たくさんの料理を一度に作る方には良いキッチンで、ガスとIHの両方に対応しているのは嬉しいところです。また、IHなら4つの加熱口を同時に使える「マルチワイドIH」というものもあります。

ただし横幅の小さなキッチンでは使用できず、ワークトップの作業スペースが狭くなってしまうという点には注意が必要です。

TOTO

ほうき水栓

TOTOのキッチンには「ほうき水栓」という水栓が付いています。

これは鍋やパスタパンなどの大きな調理器具を、洗いやすいようにと開発された水栓です。

通常の水栓はシンクの端に付いていたり、シンクの中央までは届かないものがあったりします。しかし、このほうき水栓はシンクの中央にまっすぐ向かっており、吐水口も広くほうきのように水が出てきますので、広範囲を洗うことができます。

また背が高い水栓なので、大きいお鍋を洗う時にも水栓が邪魔にならない仕様になっています。

高級クラスは垂直水平型、中級クラスは斜め型の「ほうき水栓」採用されています。ただ、今までの水栓とは勝手が違うので、慣れるまでに時間がかかる人もいるというのには注意が必要です。

タカラスタンダード

タカラ

タカラスタンダードのキッチンの特徴はなんといってもホーロー素材が採用。

ホーローとは、簡単に言うと鉄にガラスを焼き付けた加工品です。

ホーローは熱や傷、腐食に強く、汚れも非常に落ちやすいことが特徴です。タカラスタンダードでは、キャビネットの底板やキッチンパネルにもホーローを採用しており、ワークトップ以外の部分は全てホーローでできているものもあります。

また、タカラスタンダードには3段のレーンとプレートがついたユーティリティシンクEというものがあります。シンクの上でまな板が使えるので、狭い空間でも調理スペースを確保することが可能です。

システムキッチンの比較は難しい

f78a2e12feebcc54203ee5f875f973d3_s

キッチンメーカーを比較してどれが1番かと言うのを決めるのはなかなかに難しいものです。

なぜなら、キッチンメーカーの特色は多岐に渡り、どのご家庭でも必ずヒットするものとは限らないからです。

今までのメーカーの紹介を見て、もしこれが欲しいと言うものがあればそれが1番あなたに合っているキッチンと言うことになるかもしれません。

ただ、近年のキッチンメーカーの特色をピンポイントすぎることがあり、はまる人にはハマるけれども、それ以外の人には非常に使いづらいキッチンになる可能性も高いと言うことが言えます。

その点、クリナップのキッチンは非常に幅広い方に受け入れられる作りをしています。他のメーカーのキッチンがどうしても欲しいと言う時以外は、クリナップのキッチンをお勧めしているのはそういう理由もあります。

またカタログでは良いと思っても、実際に使ってみるとそうでもなかったという場合もあります。そういったことを防ぐ為に、できる限りショールームで実際のキッチンを体験する事は大切です。ショールームのイベントに参加するのも一つの手でしょう。

システムキッチンの価格はどれくらい?

2a0ef40a1968defc32c11fcdae38e6a6_s

システムキッチンの特徴や性能がわかると、次に気なるのはお値段かと思います。

ちょっと下調べにカタログを開いてみると、2,000,000円や3,000,000円といった価格に、びっくりした人もいるでしょう。

ただ、この値段をカタログに載せる「写真映えしそうなとても高価でおしゃれなキッチン」を厳選して載せています。キッチン本体だけでなく、周辺のカップボードや家電収納などの値段も合わせたものであることがほとんどです。

また、これはあくまでも参考価格(定価とは書いていますが)であって、お客さんが実際に買う値段ではありません。普通は、このカタログに載っている価格から〇〇% や〇〇%引きになることがほとんどです。

今回は価格の比較を行っておりませんが、先ほど紹介した各メーカーの特色を備えたキッチンは非常に高額なものである場合もあります。

その点、クリナップのキッチンはどれも非常にお求めやすい価格になっているので、そういった部分でもお勧めしているところではあります。

特に弊社は、クリナップの「水回り工房」に登録しているのでクリナップ商品は特化でご案内することが可能です。

キッチンリフォームの費用の総額は?

システムキッチン工事費

次に気になるのがキッチンのリフォームにかかる費用の総額だと思います。いくら商品の価格が安くても工事費が高くては意味がありません。

基本的にキッチンの工事費用には下記のようなものが含まれます。

既存キッチン撤去工事費(既存キッチン解体、撤去後下地処理)
給排水配管工事費
電気工事費
新規キッチン取付工事費
廃材処分費
メーカー製品保証
諸経費

基本的にキッチンの工事に限らず、リフォームの工事は現場を見るまで見積もりはできません。なぜならその家の状況によってかかる費用は変わってくるからです。

キッチンのリフォームにしても、今あるキッチンが大きければ解体と撤去の費用は上がります。逆に、配管の工事や電気配線の工事を全くしなくて良い場合も中にはあります。

ですので、その家の状況を見てみないことには何がいくらかかるかというのは基本的にわかりません。

ただ、それではリフォームをする際にどれくらい費用がかかるのかというのを、調べて計画を立てると言う事はできなくなってしまいます。ですので、弊社ではキッチンの工事費用を、わかりやすく標準工事費と言う形で掲載しています。

今あるキッチンを撤去して、同じ形同じ大きさのキッチンを取り付ける場合、標準工事費は180,000円としています。これには先ほどご説明した工事の内容がすべて含まれての価格です。

もちろん、キッチンの位置を変えたりLDKを丸ごとリフォームしたりするなど工事も承っています。そのような場合はなかなか標準工事費と言う枠では考えられないので、現場にお伺いしてからの見積もりにはなります。

ただ「標準的な工事と言うことではこれぐらいかかりますよ」と言う1つの物差しにはなると思いますので、ぜひ参考にして頂きたいと思います。

キッチンデザインの流行の歴史

見える化

キッチンのデザインにも流行廃りと言うものがあります。それはキッチン本体の話だけではなく、LDK全体の事です。

昔のキッチンは、リビング・ダイニングとは離れた場所にある独立型のキッチンがほとんどでした。キッチンの形も壁付けのI型と呼ばれるものしかなく、キッチンでの作業は非常に孤独なものだったと言えるでしょう。

それからキッチンはダイニングと一緒に作られるのが流行となります。畳に食卓という、座って食べるスタイルからテーブルに椅子で食べるスタイルへと変わっていったことが、大きな要因であります。

それでもまだ家族がくつろぐリビングと、食事をする場所と言うのは別々であると言う認識が広く、キッチンのデザインと言う面で見ても大きな変化はありませんでした。

そこから日本でもほとんどの住まいでLDKを採用するようになり、キッチンのデザインは多様化。個々のご家庭に合わせたスタイルをとっていくようになります。

最初はLDKのキッチンもI型の壁付キッチンから始まりました。それは、日本の住宅は大きく作られる事はなく限られたスペースでLDKを作らなければならないと言う事情もあったからです。

そこから徐々に日本のLDKの面積は増えていき、対面キッチンと言うものが生まれてから日本のLDKの様相は変わったと言えます。

孤独だったキッチンの作業が、リビング・ダイニングを向いてできるようになり、キッチンのあり方は大きく変わりました。そしてこれを境に、LDKの中で1番の重要度を占めるのがリビングからキッチンに変わっていったと言えるでしょう。

この対面キッチンは現在でも形を変えて多くのLDKで採用されています。また、この対面キッチンの進化版として現在ではアイランド型のキッチンが非常に流行しています。

これまでも対面型キッチンは多くの住宅で採用されてきましたが、その多くはセミオープン型と呼ばれるもので、キッチンとリビング・ダイニングを壁やカウンターで仕切るタイプのものでした。

しかし現在、最も多くの新築住宅で採用されているキッチンの型式は、対面式でありながらキッチンとリビング・ダイニングを仕切ることのないオープンキッチンが主流になっています。

オープンキッチンにはメリットとデメリットの両方がありますが、昔は高価であったアイランド型のキッチンを安価に作られるようになったことで、多くのLDKで採用されることとなっています。

キッチンのデザインの移り変わりとしては、キッチンはLDKの壁と言う1番端から始まり、徐々にLDKの中心に移動してきていると言えるでしょう。キッチンメーカーの中には、キッチンをLDKのど真ん中に配置することを前提に開発しているメーカーもあるほどです。

このように、キッチンデザインの流行は時代とともに移り変わり、その時代時代で特色が分かれているといえます。

ただ、現在はオープン型のアイランドキッチンが非常に流行していますが、それがすべての人にとって1番のキッチンとは限りません。

現在でも、壁付けのI型キッチンは購入することが可能です。キッチンを選ぶ際には、デザインとして流行っているからと言う理由ではなく、ご家庭にあっているかどうかと言う所を重視して選ぶ方が良いというのは忘れてはいけません。

マンションでキッチンのリフォームを行う場合

dcedb3ba07c1c893a9d6610d0e10ac28_s

マンションで行うキッチンのリフォームは、戸建ての場合とはかなり勝手が違います。それは、マンションの構造だったり、管理規約だったりの制約あるからです。

ここでは、マンションでキッチンのリフォームを行う際には何に注意すればよいのか、また費用や工期は戸建てとどのくらい違うのかなどを、ご説明していきたいと思います。

マンションでのキッチンリフォームの注意点

マンションでキッチンのリフォームをする場合、戸建てのリフォームほど自由にできない場合があります。そこで、特に注意しなればいけない点が3つあります。

①「キッチンの場所の移動」

②「IHヒーターへの変更」

③「管理規約」

①キッチンの場所の移動

LDKを全面改装して、キッチンを別の場所に移すというリフォームはよくあります。しかし、マンションではそれが不可能なケースもあるので、計画の前に確認が必要です。

キッチンを移動させるには、電気配線、水道管、排気ダクトの移動が不可欠です。電気配線は最悪、壁の中ではなく外を通る露出配線で移動させることが可能ですが、水道管と排気ダクトはそういうわけにもいきません。

水道管には給水給湯管と排水管の2種類がありますが、問題になるのは排水管の方です。給水管は直径がそこまで太くなく、また圧力によって水やお湯が送られてくるので、途中で上にあげたりしても問題ありません。

しかし、排水管は重力による水の流れだけが頼りですので、途中で上にあげるなどの処置はできません。ですので、床下の状態によっては希望の場所にキッチンを移すことはできない可能性があるのです。

重力の力で水を流すということは、排水管は坂になっているということです。この坂を勾配といいますが、ゆるい勾配だと水が流れなくなり排水管は詰まってしまいます。

マンションの場合は縦に走る排水の主管までの距離と、床下の高さによって勾配が決まります。床下が低くて主管まで距離があると、勾配が十分に確保できない状態となりますので、このような場合もキッチンの移動はできなくなります。

中には階下の天井裏を排水管が通っている場合もあり、このような場合はどうやっても排水管を動かすことが出来ないので、キッチンの位置を変更することは難しいケースが多いです。

一般的に1980年代まではキッチンを移動できない構造になっているマンションが多く、2000年代以降はキッチンを動かしやすい構造になっているマンションが多いと言われています。

ただ、それが絶対ではありませんので、必ず確認が必要でしょう。

②IHヒーターへの変更

ガスコンロからIHクッキングヒーターに変えたい、という希望はよくお伺いします。ただ、マンションの場合は電気供給量の制限でIHが使えない場合もあります。

一般的な日本の家電製品は、100Vという電圧で動いています。通常のコンセントに流れているのが100Vですね。

しかし、IHは200Vの電圧を必要とする製品が多く、システムキッチンに取り付けるビルトイン式のIHは全て200Vの製品と言っても過言ではありません。

100Vと200Vは何が違うのか、というのは難しいので置いておきますが、簡単にいえば瞬間的に使う電気の量が違うということです。

そのため、200VのIHを使用するには200Vのコンセントとブレーカーを設置しなければなりません。この200Vの製品を使うための電気工事に、許可がいる場合があるのです。

200Vの製品は100Vに比べて電気を使います。ですので、その部屋で使える電気の容量を上げる必要があるのですが、マンション全体への電気供給量が制限されている場合があるのです。

特に築年数の経った古いマンションにはこういったケースが多く、IHの使用が難しい場合もあります。

IHを検討するなら、管理組合もしくは管理会社に確認をとっておいた方がよいでしょう。

③管理規約

戸建ての場合にはご近所さんへの配慮が必要であり、常識的なマナーを守って工事をしなければいけませんが、マンションの場合は管理規約の中にリフォームに関するものがあり、必ず守らなければならないルールがある場合もあります。

「リフォーム工事をする場合は何時から何時まで」や「搬入搬出でエレベーターを使う場合は何時から何時は避ける」などの工事に関するルールもあれば、「ホルムアルデヒド放散値はF4のみ」や「床材を使う場合はこれだけの防音効果のあるもの」など建材に関するルールがある場合もあります。

戸建てであれば建材は自由に選ぶことができますが(もちろん建築基準法は守らないといけません)、マンションではそれぞれの実態に応じて管理規約が存在し、設備や建材に関しても記載されているケースは多いのです。

また、この管理規約というものは変更されていくものですので「入居時にこうだったから大丈夫」ではなく、必ずリフォームを計画するなら、最新の管理規約を管理組合からもらい、確認する必要があるでしょう。

マンションでキッチンリフォームをための準備

マンションのキッチンリフォームと戸建てのキッチンリフォームで、準備することの違いというのは基本的にないと思います。大きな違いがあるとすれば、近隣へのご挨拶でしょうか。

戸建ての場合、一般的にご挨拶をしておくべきなのは両隣、お向かいとその両隣、真後ろのお宅とその両隣の9軒と言われています。そこでよく聞かれるのが、マンションの場合の近隣挨拶はどこへ行えばいいかというものです。

基本的はマンションの場合もご挨拶をしておくべきなのは、9軒と言われています。両隣、真上と真下の部屋、そしてその両隣、この9軒にご挨拶をするべきとされています。

ただマンションの場合、工事車両は1階に停めますしエレベーターも利用しますので、戸建てに比べるとより多くの方に影響を及ぼすと考えられます。

エレベーターから工事をする部屋までの全てに挨拶をしておいた方がいい場合もありますし、マンションの規模によっては全ての入居者の方に、ご挨拶をしておいた方がいい場合もあります。

この辺はケースバイケースではありますが、戸建て住宅よりも多くの人に影響を及ぼすのがマンションのリフォームである、という点は気をつけておいた方がいいでしょう。

マンションでのキッチンリフォームの工期

マンションのキッチンリフォームはどれくらいの工期か、というのもよく問い合わせがあるのですが、基本的には戸建て住宅とさほど変わりはありません。

戸建て住宅もマンションも、キッチンの入れ替えのみでしたら2日で工事は完了する場合がほとんどです。トラブルがない限り、工期が伸びることはありません。

ただし、これはキッチンの入れ替えのみの場合。キッチンの移動を伴うLDKの全面改装や、お風呂・トイレを同時にリフォームするなど、工事が複数箇所に及ぶ場合は当然ですがもっと工期はかかります。

それがどれくらいか…と言われると一概には言えないのが正直なところです。

キッチンリフォームの実際の例

ここからは実際にどのようなキッチンのリフォームがあるのか、弊社の施工の実例を紹介しながらご説明したいと思います。

ガスコンロはそのままで費用を抑えたキッチンリフォーム

hiraこちらは大阪市平野区のマンションで、マンション入居時にガスコンロを替えておられ、「変えたばかりのガスコンロはそのまま再利用して、キッチン周りをリフォームしてほしい」というご要望のあったお客様のリフォーム事例です。

昔のキッチンはコンロ台があってそこにガスコンロを置く仕組みでしたが、近年のシステムキッチンはキッチンの中にコンロが埋め込まれています。このせいで「リフォームの時はキッチンとコンロは一緒に頼まないといけない」と思われている方も多いのですが、それは誤解です。

日本国内のメーカーであれば、基本的にコンロなしでキッチンを発注することは可能(パナソニックのトリプルワイドなどは例外)で、今のコンロを流用することができます。これは、ガスでもIHでも同じです。

http://yuuwa-planning.jp/blog/s_jirei/post-2806/

収納を撤去し冷蔵庫スペースを確保したキッチンリフォーム

kita

こちらは大阪市西区北堀江のマンションで、キッチンの横にあった収納棚を撤去して冷蔵庫スペースにするというリフォームを行った事例です。

この収納スペースがあることで、冷蔵庫をリビング・ダイニング側にしか置くことができず、LDKのスペースを圧迫していました。

そこで場所を取っている収納を撤去するということになったのですが、この時に考えなければいけないのが収納力でした。今まで収納棚に収納していたものを収納するスペースが、別に必要になるからです。

しかし、クリナップのラクエラを採用したことで、その問題は解決されました。ラクエラはキッチンの収納がスライドタイプになっており、収納量がそれまでのキッチンに比べて遥かに多かったからです。

http://yuuwa-planning.jp/blog/s_jirei/2660/

キッチンスペースを20cmも広げたリフォーム

hirogeru

収納と言えば、こちらの大阪市西区の現場では既存の収納ではなく現場加工したものを使用しました。

既存のものではデッドスペースが生まれることも多く、そのような場合にはジャストサイズに加工しての取り付けなども行っています。

http://yuuwa-planning.jp/blog/s_jirei/post-2652/

システムキッチンとカップボードを~オリジナルキッチンに~

orujinaru

システムキッチンはどのような商品も、基本的に15cm刻みで商品が作られています。ですので、どうしても無駄なスペースが出来てしまうことは多いです。

そこで、こちらの大阪市東住吉区の戸建の現場ではオーダーサイズのキッチンを使用しました。

これは現地のサイズにピッタリに、オーダーメイドでキッチンを作ってもらうシステム。これなら無駄なスペースなく、キッチンを設置することができます。

ただ、このオーダーサイズは5mmでも採寸が狂えば設置ができない商品であり、リフォーム会社の力量が試されるものだとも言えます。

http://yuuwa-planning.jp/blog/s_jirei/post-3090/

キッチンのリフォームは暮らしの幸せを作る作業

tukuridasu

いかがでしたでしょうか?少しはキッチンリフォームの参考になったでしょうか?

このページをご覧になられているということは、キッチンリフォームを検討されていたり、少なくともキッチンのリフォームに興味を思っていたりすると思います。そんな皆さんのご検討の手助けになれたなら幸いです。

リフォームは一生に一度という人がほとんどですから、その一度のリフォームで失敗して欲しくありません。満足のいくリフォームを一緒に作りあげましょう。

キッチンリフォーム価格

詳しく見るPC現本

施工事例
STAFF111

詳しく見るPC現本

お気軽にご相談下さい

上田
優和プランニングではお客様に安心して水回りリフォームを行っていただくために全力でサポートさせて頂きます。

現在ではホームページからのご相談が多く施工実績も3.000件を超えております。お客様1人1人にあった最適なリフォームをご提案させて頂きます。

水回りリフォームについてお悩みなら、無料相談でスッキリ解決してみてはいかがでしょうか?

電話するCTA

top




 
無料相談
 

 

電話でのご相談AM9:00~PM20:00年中無休受付中
電話するCTA

メールでのご相談は24時間365日年中無休で受付中
メールするCTA

 

無料 匿名でキッチン、お風呂の見積もりサービス
見積もりするCTA