薄暗い洋室を~笑顔があふれる明るい清潔な子供部屋に~

薄暗い洋室 施工前
薄暗らい洋室 施工後

施工データ

地域
大阪市阿倍野区
建物
マンション
築年数
築28年
面積
65㎡
間取り
3LDK
施工箇所
洋室
商品名
シンコール
工期
2日
費用
18万

薄暗い洋室を明るくリフォーム

 

今回は、大阪市阿倍野区の築28年のマンションにお住いの30代女性から、「長年使用してない薄暗い洋室を明るく子供が遊べる部屋にリフォームしたい」と、ホームページを見てご依頼をいただきました。

 

お客様のご要望は親御さんから譲りうけたマンションで長い間使っていなかった4.5帖の洋室を子供が遊べる部屋に。

長い間使用しようしていなかったので換気で十分にできていなくて壁紙がめくれたり、床が黒ずんだりと、とても子供が遊べる部屋ではない状態でした。

 

新しい洋室のイメージは子供が遊ぶので安価で今後、汚れてもメンテナンスもしやすく、明るい洋室にしたいと。

 

壁のボードを捲り新しく張り替える

 

長年使用していないのでカビなどが一部生えていたので壁の張替えをご提案。

 

壁紙の下の壁にカビが生えていたのでその壁を捲ります。
カビの生えた壁の上に壁紙を貼ってもすぐにカビが生えてくるので。

 

張り替える壁の材料は「吉野石膏」の不燃タイガーボードです。厚みは9.5m。マンションで使用する壁のボードの標準的な厚みです。

 

薄暗い洋室

 

張り替える場所は床から1.8mの高さまで。カビの生えてる箇所を全て張り替えます。壁を張り替える事によりカビの繁殖もなくなり壁紙も綺麗に貼れます。

 

フローリングを捲る

 

フローリングも黒ずんで壁際にカビが生えていたので捲ります。マンションによりさまざまですが床はコンクリートだったので綺麗に捲れ下地処理も少しの作業で済みました。フローリングの貼り方は専用の接着剤を使用するので下地が木地の場合綺麗に捲れない場合があります。

 

今回のリフォームするお部屋は1階なので「クッションフロアー」にしました。「クッションフロアー」でも申請許可がおりるようにスタッフが管理組合と打合せをしました。通常マンションは防音用のL45のフローリングを貼る決まりになっています。

 

クッションフロアーにした理由は子供部屋で、お菓子やジュースをこぼしたりしてすぐに汚す可能性があるので、サッと拭きとれて数年後の張替の時も安価で施工時間もかからないように。

 

優和プランニングではお客様の将来的な負担を減らせるリフォームをご提案させていただきます。

 

シンコールの壁紙 クッションフロアー

 

今回仕様した商品はシンコールSLP129の壁紙。壁紙の材料は塩化ビニル樹脂系、一般的に言われるビニールクロスです。汚れてもサッと拭きとりできます。壁紙の機能は防カビ、JIS適合商品です。将来的にお子様がアレルギーなどにならないように気をつかいました。

 

床はシンコールE6062のクッションフロアー。ストーンタイプで白すぎない淡いベージュに。白すぎると汚れがすぐに目立ってしまうため。

 

工事期間は2日間

 

1日目に壁のボード、床のフローリングを捲り壁を張替えします。この時に少し音がでます。

 

2日目に壁紙と床のクッションフロアーを張り替えます。
クロスの張り替えや床の張り替えの時は工事騒音はほとんどしません。

 

2日間とも夕方までの作業です。

 

長年使用してない薄暗い洋室が2日間で明るい子供部屋にリフォームできました。

 

お客様の声

 

両親からもらったマンションだったが薄暗い洋室をなんとか子供部屋にしたかったのでとてもうれしいです。子供のアレルギーまで考えてくれて、将来的な張替えの負担も安価で済むように配慮して下さり有難うございます。ほんとうに明るい洋室になって子供を一人で遊ばせても怖がらずに機嫌よく遊んでます。ありがとうございました。

 

マンションのリフォームをご検討中の方、優和プランニングまでお気軽にご相談下さい。


お問い合わせ

お名前*
メールアドレス*
ご連絡先*
連絡方法*
 電話希望 メール希望 どちらでもOK
内容*