【キッチンには食器棚】が必要!作業が楽になる効率的な棚の配置!

料金

 

施工事例

 

こんにちは、大阪の水回りリフォーム専門の上田です。

キッチンに求めることはいろいろありますが、効率的というものもキッチンにとって大切な要素です。

効率的なキッチンにする為には、キッチン本体が持つ性能もさる事ながら、冷蔵庫や食器洗い乾燥機などの家電、食器棚や家電棚などの収納の性能や配置も大きく関わってきます。

そんなわけで今回は、効率的なキッチンにする為に食器棚をどうするべきかを、いろいろ考えてみたいと思います。

キッチンの棚といっても色々あります

一口にキッチンの棚と言ってもいろいろな種類があります。

下段が引き出しで上段が開き戸になっている背の高い収納棚(昔は水屋箪笥とも言われていました)、オーブンや炊飯器などを置くスペースが中段に設けられている家電収納棚、キッチン本体の真上に付けられることが多い吊戸棚など。

その種類は多岐に渡りますが、どの棚も食器棚として使用することが可能です。

キッチンのどこに棚を配置するかは非常に重要

どんな棚が食器棚として相応しいかは後で見ていくとして、まずは食器棚の配置の基本的な考え方をご紹介します。

まず効率的なキッチンにするためには冷蔵庫、シンク、作業台、コンロ、配膳台がどのように配置されているかが重要です。

これは「食材を出す」→「食材を洗う」→「食材を切る」→「食材を調理する(焼く・煮るなど)」→「料理を配膳する」というのが調理の一般的な流れであり、これがスムーズにできる配置になっているかどうかが、効率的なキッチンにとって重要ということです。

ただ、この流れで調理をするからと言って、一直線にこれらを並べても使いづらいキッチンになってしまいます。なぜなら、複数の料理を作るためにはキッチン中を行ったり来たりしなければならず、移動距離が長く疲れるキッチンになるからです。

夕食に一品しか作らないならそれでもいいかもしれませんが、なかなかそういうわけにもいかないでしょう。

また、今のキッチンに作業台や配膳台というようなものはありません。キッチン本体のシンクとコンロの間のスペースが作業台と配膳台の役割を兼ねていることが多いので、一直線に並べるというのは不可能に近い話でもあります。

そこで現在のキッチンでは冷蔵庫、シンク、コンロを三角形に配置することが推奨されています。直線の動きではなく、調理する人が円を描くような動きをすることが効率的ということです。

現在のキッチンの形状を考えれば、円の中に調理台と配膳台も自然と入ってくるはずで、全ての工程をカバーできているという話。こうした冷蔵庫、シンク、コンロの三点を結ぶ三角形をワークトライアングルと呼びます。

ここまでのキッチンの話で食器棚が出てきていないけど?

では、食器棚はどこに配置すればいいのでしょうか?結論から言うと、配膳スペースと水切りかごの近くで動線を塞がないところ、になります。

食器棚もキッチンを構成する重要な要素のひとつですが、ここまでの話の中ではまだ登場してきていません。これは、キッチン業界で効率的とされているキッチンが調理工程しか考えられていないからです。

料理の工程で考えると、料理が完成してお皿に盛り付ける段階になるまで食器は登場しないので、食器棚の一番効率的な配置というのは、配膳スペースに近い場所ということになります。

でも、食事が終わった後の片付けを考えれば、洗い終わった後に食器を乾かす水切りの近くが一番効率的と言えるでしょう。

配膳スペースと水切りカゴが近くにある状況というは、あまり想像できません。

水切りかごはシンクの近くにあるのが通常で、配膳する場所は先程もお話したように調理スペースと同じ場所を使うことが多いので、コンロの近くになります。

キッチン本体の真後ろに食器棚がくる配置で、食器棚を背に調理を進めるようなレイアウトなら、配膳場所と水切りスペースの近くという両方を叶えることは可能ですが、そのように出来ないLDKの間取りであれば、食器棚を効率的な場所に置くことは非常に困難と言えます。

では食器棚はどこに配置するのがいい?

普通に食器棚を使用するだけでは、キッチンを効率的にすることは難しい。では、どうすれば使いやすいキッチンにすることができるでしょうか。

ひとつはLDKをリフォームし、キッチンのレイアウトを対面式などに変更することです。こうすれば、キッチン本体の後ろに食器棚を配置することが可能になりますので、配膳スペースと水切りカゴの両方の近くに食器棚を配置することができます。

ただ、それも全ての人が「じゃあ対面式にリフォームするか」とはなかなか行きませんし、全てのご家庭に対面式キッチンが適切とは限りません。

ですので、キッチンの間取りを変えずに食器棚を効率的に使える方法を考えていきたいと思います。

一番効率が良い棚はキッチン本体?

キッチンの配置的な意味で考えると、一番効率的なのは食器棚の機能をキッチン本体に付けることだと言えるでしょう。

キッチン本体を食器棚にする、つまりシンクの下やコンロの下の収納スペースに食器をしまうということです。

最新のキッチンは収納力が高い

 

旧式のキッチンの場合、シンクやコンロの下が開き戸になっていて、ただ広いスペースがそこにあるだけというキッチンなので、これはなかなか実現しない話です。

このようなキッチンは収納力がないため、調味料や調理器具等を収納するだけでいっぱいになってしまいます。

また、奥の方にしまったものは取り出しにくいなど使い勝手が悪く、独特の臭いがするということもあり、なかなか食器をしまうスペースという認識は持てなかったものです。

しかし、最新のキッチンではこのようなことはありません。最新のキッチンでは、シンク下やコンロの下は開き戸のスペースではなく引き出しタイプの収納となっており、調味料や調理器具だけでなく、食器類をしまうことも十分に可能になっています。

引き出しタイプになったことで多くの物も取り出しやすく、開き戸タイプの収納では高さを活かせませんでしたが、引き出しタイプになったことでより多くのものを収納できるように変化しています。

また、キッチンによっては蹴込みと言われる足元の部分も行き出しタイプの収納に変わっており、単純に収納スペースが増えているということもあります。

排水処理の技術も上がっているので、独特な臭いがすることもありません。

最新のキッチンの収納部分は非常に収納力がありますので、キッチンの本体をリフォームした時に今まで使っていた大きな食器棚を処分するというご家庭も少なくないのです。

キッチン本体に棚の機能を持たせることは配置的にも効果大

配置的にもキッチンの本体部分を食器棚にすることは、大きなメリットはあります。

キッチンの本体部分を食器棚として使えるということは、調理中にすぐ皿を取り出すことができますし、片付けを考えても、シンクの横に置いてある水切りカゴから収納スペースへ片付けることが容易にできます。

ただ、全ての食器をキッチン本体に収納するということはなかなか難しい場合もあると思います。そういった時は、使用頻度の高いものだけをキッチン本体に収納し、それ以外は少し離れた場所になっても食器棚を別で用意して、そこにしまうという方法が良いでしょう。

どんな棚をキッチンに置くべきか

では、どのような棚から食器棚として向いているのでしょうか?

まず一番向いて“いない”と思われるのは吊戸棚です。

吊り戸棚とは基本的にキッチン本体の真上に設置された天井に近い部分に取り付けられる棚のことで、吊戸棚が食器棚に向いていないのは、単純に高い位置にあるので取り出しにくく片づきにくいからです。

最新のキッチンではプルダウン式の吊戸棚のもありますが、これは食器を片付けるのには適していません。どちらかというと缶詰や調味料など、常温で保存する食材をしまっておく場所と考えた方がいいでしょう。

ただ、中には自動昇降式で食器を乾燥させる水切り機能が付いた吊戸棚もあります。

これなら食器を収納しておくことも可能ですが、どちらかというと一時的に保管しておく場所という意味合いが強いものですので、食器棚として使うとなると少し無理があるようにも思います。

キッチンで使う家電収納棚の一部を利用する

逆に向いているのが家電収納棚ではないでしょうか。家電収納棚とは基本的に電子レンジやオーブントースター、炊飯器やポットなどを常に使える状態で収納しておける棚のことです。

多くの家電収納棚は腰くらいの高さに天板がついており、そこに電子レンジなどの家電を置くようになっています。天板の下の部分は引き出し式の収納になっていることが多く、食器類などもしまうことが可能です。

また少し大きめの家電収納棚になると、家電を置くスペースの上にさらに引き出し式の収納がくっついています。そこまで大量のものをしまうだけの収納力はありませんが、キッチン本体にある程度の食器類を収納しているならば、そこに入りきらなかったものを収納するだけのスペースが十分にある場合が多いと思います。

キッチンの隙間を埋める棚もある

キッチンの本体をメインの食器棚とした場合、そこまで多くの収納力を持った棚が必要とならないこともあります。

先ほどの家電収納棚で解決するなら良いですが、家電収納棚を置くほどのスペースがないこともあるでしょう。

そのような時には隙間を埋めるような細い食器棚がありますので、これを使用すると良いと思います。

キッチンに少しだけある隙間に入る細い棚ですので、収納力はもちろんそこまでありませんが、キッチン本体の収納力をカバーするにはちょうど良いスペースとなることもあります。

ただ細い棚ですので、これ自体で自立させることは少し不安もあります。壁や冷蔵庫でも何でもよいですが、隣にしっかりとしたものがくるようにして配置しないといけないことには注意が必要です。

カウンター下を食器棚にしてしまうのもあり

もしLDKの間取りがカウンターキッチンになっているのであれば、リビング側のカウンターの下に棚を作ることも一つの方法です。

キッチンと反対側に棚を作るのですから、ここを食器棚とした場合には、食器を取り出すのにいちいちキッチン本体を回り込んで反対側に行かなければならないので、決して効率が良いとはなかなか言えないでしょう。

ただキッチンカウンターの下のスペースは広く、もし有効活用できていないのであれば、食器棚にすることでこのスペースを活かすことができるようになります。

また食器を取り出すのに、キッチンをいちいち回り込まなくてはいけませんが、調理をする前の準備段階でどんなお皿がどれだけいるかというのをきっちり把握できていれば、それほど非効率にはならないでしょう。

それは、最初にカウンター下の棚から必要な分の皿を取り出してカウンターの上に置いておくという方法です。

こうしておけば、調理のときにカウンターからお皿を取るだけで事足りるので、最初はなかなか慣れないかもしれませんが、こういった工夫をすることで効率的なキッチンにすることも可能ではあります。

また食器類を片付ける際にも、水切りカゴから少しずつ食器を遠くの棚に持っていくのではなく、食器類が入った水切りかご自体を一旦カウンターの上に乗せれば、比較的楽に食器をしまうことができます。

水切りかごをカウンターに置いてからリビング側のカウンターに回りこみ、カウンター下の食器棚に水切りカゴから食器を移すようにすれば、反対側に回り込むとは言え、遠くの食器棚に食器を持っていくよりはかなり効率的になると言えるでしょう。

キッチンで食器棚の配置は重要

キッチンを考える上で、食器棚の配置というものは非常に大切になってきます。

もしリフォームをするときにこの考えが抜けていれば、せっかく新しいLDKになったとしても使い勝手の悪いキッチンになってしまうかもしれません。

LDK全体のリフォームでなくても、ちょっとした配置の改善で使い勝手が非常に向上するということもあります。もし、食器棚の使い勝手で悩まれているのであればぜひ一度相談してみてください。

 

こちらの記事もおすすめ

【キッチンリフォーム】絶対に知っておくべきポイントを大公開

【キッチンが狭い】を大解決!高さと空間、レイアウトの考え方

壁付きキッチンVS対面キッチンはどっちが優れたキッチン?

【キッチン背面収納造作リフォーム】で、使いやすく快適なキッチンへ

【キッチンの動線】が調理時間を決める?最小限の動きで完結するキッチンのレイアウトの考え方

料金

 

施工事例