キッチンの棚をおしゃれに見せる!デキる主婦は実践済み&注意点

施工事例

キッチン

施工事例

リフォームをする理由や要因、きっかけというのはたくさんありますが、どんなことでリフォームをするにせよ「せっかくリフォームするなら、おしゃれなキッチンにしたい!」という方は多くいらっしゃいます。

どんなキッチンがオシャレかというのは人によって変わるところではありますが、ひとつ確実に言えることは、キッチンだけをおしゃれにしても印象はあまり変わらないということです。

キッチンをお洒落にしたいのであれば、やはりLDKをトータルでリフォームすることが大切だと思います。

そこで今回は、おしゃれなキッチンにする為に食器棚や家電収納棚などをどうすればいいか、というのに焦点を絞ってお話したいと思います。

キッチンメーカーの棚はオシャレじゃない?

キッチンの棚と言えば、皆さんはどんなものを思い浮かべるでしょうか?

食器棚、家電収納棚、吊り戸棚などキッチンには多くの棚が存在します。

日本のキッチンメーカーではキッチンの本体と一緒に、これらの棚も多くラインナップされていますが、おしゃれなキッチンという視点で考えると、これらの棚を使用するのはあまりお勧めできません。

日本のキッチンメーカーから発売されている棚は、とても機能的でデザインも良いものばかりです。しかし、どちらかというと印象的にはお洒落というよりも、「美しい」や「スタイリッシュ」というものがほとんどです。

また当然ですが、キッチン本体と合わせたデザインになっているので、キッチン全体の統一感を出すにはキッチン本体のメーカーから発売されている棚を使用するのが一番ではあります。

でも、どうしても堅い雰囲気になることが多いようには感じます。

戸建の新築やマンションの新築では、キッチン本体を製造しているメーカーから一緒に発売されている棚を使用することが非常に多いです。

いちから自分たちで設計することができる戸建ての注文住宅だと話は別ですが、間取りの決まっている建売の新築住宅やマンションでは、あまり自由がきかないので、規格サイズである日本のキッチンメーカーの棚が使われていることが多いです。

キッチン本体のみを建築時に注文して、食器棚や家電収納棚などは入居後に自分たちで用意するということは可能ですが、あまりそういった人は耳にしません。

キッチンの棚は「どうオシャレに見せるか」が重要

棚が持つ役割というのは、どれも基本的には収納ということになります。キッチンで使う食器や調理器具などを収納しておく場所が棚なので、基本的に棚というのは機能重視で作られています。

ですので、キッチンの棚をおしゃれにするにはお洒落な棚を用意するのではなく、棚をどうオシャレに見せるかというのが重要だと思います。

棚をオシャレに見せるのに一番簡単な方法は、食器が見える棚を使うことです。

開き戸などの仕切りがついていないオープンな棚に、インテリアチックな食器を並べれば、それだけでキッチンはオシャレに映ります。もちろん、ここには食器だけでなく調味料や調理器具を置いても良いでしょう。

ただ、これには棚に何を並べるかによって、オシャレ具合が大きく変わるという特徴があります。見せ方にもよるでしょうが、普通のお皿やマグカップを並べてもおしゃれには見えませんし、日本のスーパーで買ってきたよくある醤油や料理酒を並べてもおしゃれには映りません。

また見せるキッチンの棚というのは、維持にも労力がかかるということも忘れてはいけないでしょう。

扉などで仕切りのない空間を棚にするということは、当然そこに並べてある食器には埃がかぶりますし、棚自体にも埃が積もります。

これは食器を使う際には一度水洗いをする必要があり、棚自体の手入れも頻繁に行う必要があるという事です。

簡単におしゃれな棚を実現させるキッチン本体の収納力

「おしゃれなキッチンの棚にはしたいけれども、極力労力は使いたくない」というのは正直な話だと思います。

では、どのようにすれば良いのでしょうか?それは見せる棚を使う棚を使い分けるということで、解決すると思います。

要はリビングから見える棚を収納棚ではなく、飾り棚と割り切って使うということです。

先ほどお話した開き戸などの仕切りがない棚にオシャレな食器や調味料を並べ、その棚とは別に、実際に使用する食器類などを収納する棚を別に作っておけば、食器を使う前に必ず水洗いするなどの手間を省くことができます。

しかし、それではLDKの中で棚に割くスペースが2倍になってしまいます。

とても広いLDKのあるご家庭ならそれでも構わないかもしれませんが、なかなかそういうわけにはいかない場合が多いと思います。

そこでオススメなのが、キッチンの本体を収納力のあるものに変えてしまうということです。

最新のキッチンでは、従来のキッチンに比べて本体の収納力、つまりシンクの下やコンロの下の収納力というのは格段に上がっています。

今までのキッチンは、シンク下やコンロの下というのは開き戸の収納で、ただただ広い空間が広がっているということがほとんどでした。

でも最新のキッチンでは、これらのスペースは開き戸ではなく引き出しタイプの収納になっており、調理器具や調味料、食器などがサイズ別や目的別などで取り出しやすい形でまとめて収納することが可能になっています。

また、今まではデッドスペースであった蹴込みと呼ばれる足元の部分も、引き出しタイプの収納になっているキッチンもあるので、単純に収納スペースが大きくなったとも言えるでしょう。

実際に古いキッチンから最新のキッチンへリフォームしたことを機に、大きな食器棚を一つ処分したというご家庭も珍しくありません。

それでもご家族の人数が多かったり、持っておられる食器類や調理器具などがたくさんあったりという場合は、キッチン本体にすべてのものを収納するというのは難しい話かもしれません。

そんな時はあまり使わない食器や調理器具を処分する、というのが1番手っ取り早い話ではありますが、なかなかそうもいかないとは思います。

そこでおすすめしたいのが、今キッチンに収納されているものの分納という考え方です。

これはキッチンで使う物をすべてキッチンに収納せず、別の場所にも保管するというものです。

例えばですが、食器棚やキッチン本体に収納している食器類や調理器具などを、

「よく使うもの」「月に一度くらいのペースで使うもの」「半年に1回は使うもの」

「年に一度しか使わないもの」「まず使うことはないが捨てられないもの」「処分しても良いもの」の6種類に分けます。

当然ですが、よく使うものはキッチンの本体に収納します。

そして、スペースが余っていたら、次に「月に一度くらいのペースで使う物」を収納していく、という具合に、使用頻度の順にキッチン本体へ収納していくもの決めていくということです。

もし「よく使うもの」だけでキッチン本体のスペースに収まりきらなければ、それらの中で機能が被っているものがないかを、よく考えてみてください。

例えば、料理の内容で使い分けたり、気分で使い分けたりしている同じ大きさのお皿やカップなどはありませんか?それらをどれか一つに絞って他を捨てる、ということが出来ればそれでも良いですし、どれかを飾り棚の方に移すという方法もあります。

こうして、キッチン本体に収納するものを選別してみて下さい。

そして、キッチン本体に採用されなかった使用頻度の少ない食器や調理器具は、思い切ってキッチンとは別の場所に収納します。

その収納場所はリビングにある壁の収納なのか、別の部屋にある押入れなのか、寝室のクローゼットなのか、それは各ご家庭によって変わってくるでしょう。

北欧風の食器棚を使う時の注意点

今、キッチンのお洒落な棚で人気を博しているのは、北欧風と呼ばれる木目調の棚です。

これらは同じ木目調のものではありますが日本の食器棚、いわゆる水屋と呼ばれるものとは異なります。

北欧風の棚は収納されている食器類を見せる棚になっていることが多く、またデザイン的に日本のメーカーのキッチン本体とは合わない事も多いと思います。

ですので、普通はキッチン本体をどんなものにするか決めてから、周りをどうするかを考えるものですが、北欧風の食器棚を採用するのであれば、まず棚を決めてからキッチンをどうするか考えた方がいいかもしれません。

おしゃれなキッチンを作るにはLDKのトータルリフォームが一番

冒頭でもお話しましたが、おしゃれなキッチンを作るにはおしゃれなLDKをトータルで考える必要があります。

キッチン本体だけを取り替えても、棚だけを作り変えても印象が大きく変わることはないでしょう。

本当におしゃれなキッチンを作りたいと思ったのならば、LDKのトータルリフォーム。これが1番の近道だと思います。

 

こちらの記事もおすすめ

【キッチンリフォーム】絶対に知っておくべきポイントを大公開

【キッチンが狭い】を大解決!高さと空間、レイアウトの考え方

【オープンキッチン】ほんとにオススメ?デメリットを隠さず紹介します!

キッチンカウンターの高さの決め手は「〇〇したいっ!!」にあり

アクセントウォールでリビングを憧れの大人女子にリフォーム

施工事例