ミニキッチンをダイナミックに使いこなそう!小さくても納得

キッチンリフォーム価格

詳しく見るPC現本

 

施工事例
STAFF111

詳しく見るPC現本

 

とても小さなキッチンで、コンパクトキッチンと呼ばれることもあるミニキッチン。

お茶を沸かしたり軽食を作ったりするのに適しているので、ワンルームの賃貸や、会社の給湯室などで見かけたこともあるでしょう。

4人家族などのご家庭で採用されることはほとんどありませんが、いろいろなキッチンメーカーから多数のラインナップが発売されており、最近では二世帯住宅のご家庭や、宅食(毎日おかずが宅配されるサービス)を利用しているご家庭が、リフォーム時にミニキッチンを採用されることも多くなってきました。

今回はそんなミニキッチンのことをご紹介したいと思います。

ミニキッチンは900mmからの小さなキッチン

ミニキッチンとは一般的に間口900mmから1500mmくらいの、小さいキッチンを指します。普通のキッチンが2500mmくらいですので、ミニキッチンはだいたいその半分くらいの大きさだと思って下さい。

当然ですが、ミニキッチンの機能は普通のキッチンと比べて劣ります。本格的な料理や、多人数の料理を用意するのには適していません。

ただ、ミニキッチンにもオプションが設定されていることが多く、ご家庭に応じてカスタマイズすることは可能です。

ミニキッチンのオプションにはコンロの選択(IHかガスコンロか)、換気扇やシンクの種類、ミニ冷蔵庫をつけるかどうかなど、意外に選択肢は多かったりします。

中には対面式のミニキッチンをラインナップしているメーカーもあるので、ミニキッチンといえど侮ってはいけません。

ミニキッチンの価格はどれくらい?

ミニキッチンのリフォーム費用ですが、本体の価格は10~20万円位が多いです。もちろんそれ以上の価格になることもありますが、オプションの占める割合が多い印象なので、価格のコントロールは比較的しやすいと思います。

次に工事費用ですが、これは現場の状況によるので一概には言えませんが、基本的には標準工事費用の18万円になると思います。

ミニキッチンは小さいから安いだろう、と思われるかもしれませんが、安くなるのは搬入組立費くらいなもので、解体撤去工事、給排水工事、電気ガス工事は普通のキッチンと手間がさほど変わらないんです…。

ですので、ミニキッチンの価格は工事も含めると30〜40万円くらいになると思ってもらうとよいでしょう。

ミニキッチンのリフォームを利用される例

ミニキッチンは多くの場所で採用されていますが、特に戸建住宅やファミリーマンションで採用されるケースについてご紹介したいと思います。

二世帯住宅でミニキッチンを採用

二世帯住宅でミニキッチンを採用されるケースは非常に多くなってきています。

やはり生活リズムは親世帯と子世帯で異なるもので、キッチンが1つだけでは不便だったり、キッチンを使用するのに気を使うのはしんどいという声は多く聞かれます。

二世帯住宅でミニキッチンを採用する場合、2階に住んでいる子世帯がミニキッチンにし、1階の親世帯にフルサイズのキッチンにすることが多いです。

これは、いずれ子世帯が親世帯の居住スペースも使用することになる、ということも見越してそういう設計にしているご家庭が多い印象ですね。

2階の給湯用にミニキッチンを

戸建住宅で1階のキッチンとは別に、給湯用のミニキッチンを2階に増設するケースも多いです。

確かに2階にある書斎や寝室、子ども部屋から、わざわざ下に降りてまた上がってというのが面倒くさいですよね。

でも、そうしたいと話されたご主人さんが、奥様から猛反対されていたこともありました…。便利は便利ですが、やっぱり印象としては贅沢品というイメージがあるようです。

宅食を利用しているシニア世帯

近年人気のサービスになってきた宅食。これは毎日おかずを自宅に届けてくれるもので、ご飯を炊くだけでバランスのとれた食事がとれるというもの。

宅食にも色々種類があって、レンジで温めるだけのものもあれば、材料が届いて調理は自分でするというものもあるようです。

もちろん、ミニキッチンにリフォームされる方は温めるだけでOKなサービスを利用されています。ご飯を炊いて、ごくごく簡単な調理をするだけならミニキッチンで十分ということですね。

キッチンを小さくすることで、LDKのスペースが広くなりますから、その分を趣味のスペースに使われるなど、有効に使うことができます。

ミニキッチンのメーカーってどんなところ?

では、ミニキッチンのメーカーにはどんなところがあるでしょうか?

実はミニキッチン専門のメーカーというのは少なく、基本的には普通のキッチン、いわゆるシステムキッチンのメーカーがミニキッチンも用意していると考えてもらっていいでしょう。

ただ、ショールームにはミニキッチンを置いていることは少ないので、その点はご注意下さい。

では、メーカーごとに商品などを少しご紹介したいと思います。

足元収納があるクリナップのミニキッチン

オールステンレスキッチンで有名なクリナップですが、ミニキッチンは木製の「コルティ」というシリーズでラインナップがあります。

コルティは120mm〜の品揃えなので、ミニキッチンのシリーズというよりは、ミニキッチンにも使えるシステムキッチンのシリーズという感じです。

ですので、他のミニキッチンより機能が充実している印象があり、足元収納タイプという足元まで収納スペースがある収納キャビネットをミニキッチンでも使えるのは非常に魅力的です。

もちろん対面式にも対応しているので、少し本格的なミニキッチンがいいというご家庭にはオススメのメーカーです。

とてもスタイリッシュなPanasonicのミニキッチン

近年、非常にリフォーム商材に力を入れてきているパナソニック。そんなパナソニックではミニキッチンもかなりしっかりしたものを作っている印象があります。

そんなパナソニックのミニキッチンは「新型APキッチン」というシリーズ。

こちらも間口は120cm〜と、一般的なミニキッチンより少し大きめですが、その分ほかのミニキッチンより機能が充実している印象があります。

また扉カラーのバリエーションが多く、パナソニックらしいスタイリッシュなデザインとなっているも、魅力のひとつです。

車椅子の方に優しいタカラスタンダードのミニキッチン

タカラスタンダードからは「アスピカ」と「KUW型」というミニキッチンのシリーズが発売されています。

アスピカは間口は120mmからと少し大きめ。KUW型は900mmからと間口のラインナップは多めです。

また、タカラスタンダードでは「ライフサポート ミニキッチン」というシリーズも発売しており、これは車椅子でも使いやすいミニキッチンをコンセプトに、様々な気づかいがされたミニキッチンになっています。

座ったままでも作業しやすい浅型シンクや、つかみやすい大型のハンドルレバー水栓。LEDや換気扇のスイッチが手元にあったり、車椅子に座った状態でも小物が置けるステンレス収納棚あったりと、車椅子の方が使うことを想定した設計がなされています。

ただし、タカラスタンダードはホーロー製のキッチンで有名ですが、ミニキッチンに関しては木製ですので、その点はご注意下さい。

とても基本的なLIXILのミニキッチン

LIXILでもミニキッチンを販売していますが、ミニキッチンのシリーズがあるわけではなく、選べるオプションなども少ない、ベーシックなミニキッチンという印象です。

それでも、シンクの下に収納を作るかオープンスペースにするかを選べるのは魅力的だと言えるでしょう。

品揃えナンバー1!亀井製作所のミニキッチン

最後にミニキッチン専門のメーカーをご紹介します。それは亀井製作所です。

亀井製作所では通常のミニキッチンからアクティブシニアという高齢者用のミニキッチンまで様々なタイプのミニキッチンがラインナップされており、その多さは業界で一番とも言われています。

対面式のミニキッチンはもちろん、アイランドキッチンやL型キッチンもラインナップにあるのは驚きです。

ミニキッチンでおしゃれを実現するには

キッチンが小さくなっても、やはり見た目には気を使いたいという人も多いと思います。

でもミニキッチンは、やはり普通のシステムキッチンと比べてグレードが低いため、安っぽく見えることが多いです。

そんなミニキッチンでも工夫次第でオシャレに見せることは可能ですが、かなり手間がかかることも確か。そこで、ミニキッチンの本体自体がお洒落なものを少しご紹介したいと思います。

パナソニックの新型AP

先程も少しご紹介しましたが、パナソニックのミニキッチンシリーズである新型APは、デザインがかなりスタイリッシュなものになっています。

選べる扉の種類も多く、選ぶ扉のグレードによっては、見た目を普通のシステムキッチンと同レベルにすることも可能だと思います。

ただ、低いグレードの扉だとそれなりな感じになることはあるでしょう。また、スタイリッシュなキッチンはLDK全体の雰囲気にマッチしているかどうかが凄く重要になりますので、ミニキッチンだけを考えると、LDKで浮いてしまって逆に不恰好ということもあるので注意して下さい。

亀井製作所のファニチャーキッチンシリーズ

亀井製作所には、お洒落なミニキッチンを使いたいという要望を叶えるキッチンもラインナップされています。それはファニチャーキッチンシリーズというものです。

このシリーズは北欧家具のような見た目のポッシュと、ミニキッチンでは珍しい人造大理石のシンクでポップな見た目のラッシィの2種類があります。

ポッシュは引き出しタイプの収納家具にシンクが付いたようなデザインで、パッと見てキッチンだとは分からないくらいの出来栄え。何とコンロも引き出しにしまうというので、驚きもあるお洒落キッチンです。

ポッシュはどちらかと言うと落ち着いた感じのキッチンですが、ラッシィは非常に明るい印象を与えるキッチンになっています。天板は2色から、人造大理石のシンクは6色から選ぶことができるので、お部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

ミニキッチンという選択肢も忘れてはいけない

一口にミニキッチンと言っても色々なものがあります。システムキッチンが進化してきたように、ミニキッチンも同じように進化を遂げています。

一昔前のワンルームにあったようなミニキッチンだけでは今はありません。キッチンリフォームの選択肢の1つに、ミニキッチンというのもあり得る時代になったと言えるでしょう。

 

 

こちらの記事もおすすめ

【キッチンリフォーム】絶対に知っておくべきポイントを大公開

【キッチンが狭い】を大解決!高さと空間、レイアウトの考え方

使いやすいキッチンの間取り?冷蔵庫と食器棚の配置が大切!

【キッチンの吊戸棚】ポイントはアイレベル!使いやすさを徹底解説

【キッチンの動線】が調理時間を決める?最小限の動きで完結するキッチンのレイアウトの考え方

キッチンリフォーム価格

詳しく見るPC現本

施工事例
STAFF111

詳しく見るPC現本

お気軽にご相談下さい

上田
優和プランニングではお客様に安心して水回りリフォームを行っていただくために全力でサポートさせて頂きます。

現在ではホームページからのご相談が多く施工実績も3.000件を超えております。お客様1人1人にあった最適なリフォームをご提案させて頂きます。

水回りリフォームについてお悩みなら、無料相談でスッキリ解決してみてはいかがでしょうか?

電話する2CTA




 
無料相談
 

 

電話でのご相談AM9:00~PM20:00年中無休受付中
電話するCTA

メールでのご相談は24時間365日年中無休で受付中
メールするCTA

 

無料 匿名でキッチン、お風呂の見積もりサービス
見積もりするCTA