そのキッチン暗くないですか?上手なライトの選び方とリフォーム

料金

 

施工事例

 

キッチンにておける照明の役割は非常に重要です。

手元にどれだけの光の量が必要か、キッチンにどういった色のライトが向いているか、どの位置にどのようなライトを付けるのが良いのかなど、照明ひとつでキッチンを大きく変えると言っていいでしょう。

しかしキッチンをリフォームする上で、照明というのはあまり重要視されていない傾向にあります。

そこで今回は、キッチンの照明を良好にリフォームするにはどうすれば良いのかなどを、詳しくお話したいと思います。

キッチンに使われるライトにはどんな種類がある?

キッチンにどのようなライトが合うのかという話をする前に、まずライトにはどういった種類のものがあるのかをお話した方が良いでしょう。

これは全てのライトの種類ではありませんが、基本的にキッチンに使われるライトは

  • ●シーリングライト
  • ●ペンダントライト
  • ●ダウンライト
  • ●スポットライト
  • ●シャンデリア
  • ●シーリングファン

になります。

LDKやキッチンでよく採用されているライトは、この中のシーリングライト、ペンダントライト、ダウンライトの3種類になるでしょう。

シーリングライト

現在の住宅では多くのLDKやキッチン、寝室などで採用されているのがシーリングライトです。

天井にピッタリとくっつくタイプのライトで、部屋全体を明るくするのが特徴。

メリットとしては、シーリングライトで照らせる範囲を考えると面積あたりの価格が安く、取替えがカンタンなことが挙げられます。

逆にデメリットとしては、大きい部屋になればなるほど明るい場所と暗い場所ができてしまい、部屋全体が均一な明るさにならないという点があります。

ペンダントライト

天井から吊り下げて、部屋を明るくするのがペンダントライトです。

ペンダントライトと言うとあまり馴染みがありませんが、一昔前の住宅では非常に一般的だった傘式の蛍光灯(紐で引っ張って付けたり消したりするあれ)もペンダントライトの一種です。

現代の住宅では和室に採用されることが多いライトですが、蛍光灯タイプではなく電球タイプのペンダントライトはキッチンでも採用されることがあります。

傘式の蛍光灯タイプだと、シーリングライトと同じように面積当たりの単価が安いことはメリットとして挙げられます。

電球タイプのものになると照らせる範囲は小さくなりますが、光源とキッチンとの距離が近いので、手元灯として使えるというのはメリットと言えるでしょう。

デメリットとしてはライトが視界に入ることでLDKの雰囲気をそこなったり、蛍光灯タイプも電球タイプも傘式になるので、傘の部分にホコリが積もったりということが挙げられます。

また1個のペンダントライトで部屋全体の照明とする場合は、シーリングライト以上に明るい場所と暗い場所がはっきりします。

ダウンライト

近年の住宅で多く採用され始めているのがダウンライトです。

ダウンライトは天井に埋め込んで使うタイプのライトであり、天井に出っ張りが無くなるため、非常にすっきりとした印象となることが特徴です。

ダウンライトのメリットは、必要な部分だけを照らしたり複数のダウンライトを設置して広いスペースを照らしたりと、用途によって使い分けができること。

また個数を調節すれば広い部屋でも均等に照らす事ができ、シーリングライトやペンダントライトの様に明るい暗いが部屋で発生しないという点が挙げられます。

デメリットは、広いスペースを照らすにはそれなりの個数が必要になるので、面積当たりの単価が高くなってしまうことでしょう。

スポットライト

スポットライトというと舞台で使う照明というイメージがありますが、家の中で使用することもあるライトです。

スポットライトの特徴は天井や壁に取り付けて対象物に強い光を当てるというところにあり、キッチンでは主に手元灯として使われることが多いライトです。

一昔前は角度を変えられるものの、取り付け位置は固定というスポットライトばかりでしたが、近年はレール式で場所を変えることができるものもあって採用されるケースも増えてきました。

シャンデリア

シャンデリアというのは、豪華な邸宅にだけあるものではありません。日本の一般的な戸建て住宅やマンションで採用されるケースも多くあります。

ただ、これは多くの方がイメージされるような豪華なシャンデリアではなく、住宅向けのもの小さなものが殆どです。

シャンデリアの定義は、天井からコードやチェーンで吊り下げてあること、そして1つのライトではなく多くの光源を多方向に向けて付けている、というものです。

この条件を満たしていれば、どれだけ質素なものでもそれはシャンデリアなのです。

正直なところ、キッチンで使われるケースは殆どありませんが、対面式の完全なオープンキッチンなどで、天井が寂しい時に演出の一部として使われることはあります。

シーリングファン

シーリングファンとは、照明とプロペラを一体化させたもののことで、高い天井のお店などでよく目にするライトです。

温度のムラをなくしたい、冷暖房の効率をアップさせたいなど理由で、室内の空気を対流させる時にこの照明を採用します。

ですが日本の住宅、特にキッチンではなかなか採用するケースはありません。

キッチンに適したライトの色は?

キッチンの照明を考える上で、ライトがどんな色をしているかというのは非常に重要です。

照明には色温度という考え方があり、それぞれに適したシーンがあります。

キッチンにはどのライトが良いかという話の前に、この照明の色について少しご説明したいと思います。

ライトの色の種類

ホームセンターなどの照明の売り場でよく見かける言葉だと思いますが、ライトには大きく分けて5つの色があります。それは

  • ●昼光色
  • ●昼白色
  • ●白色
  • ●温白色
  • ●電球色

の5つです。

日本の住宅には昼光色と昼白色、そして電球色の3色がよく採用されており、販売店などではこの3つを取り扱っていることが多いです。

ライトの色温度とは

照明には色温度という尺度があるのですが、これはその名の通り、そのライトの色がどれくらいの温度(温かさ)を持っているかというのを表すものになります。

なかなか見る機会というのはないかもしれませんが、色温度の単位はケルビン(K)と呼ばれており、このケルビンの値が低ければ低いほど、温かみがあるライトになります。

ちなみにですが昼光色は約6500ケルビン、昼白色は約5000ケルビン、電球色は約3000ケルビンとされています。

これら3つの照明がどのような場所で使われているかですが、昼光色はしっかりとした明るさを確保できるためオフィスや教室などで使われることが多いです。

昼光色は青白い色の光であり、集中力を高めると言われていることもひとつの理由でしょう。

次に昼白色ですが、こちらは少し黄色がかった白という色になります。

昼間の太陽の光に近い自然な色になりますので、リビングなどの住宅のひと部屋に使われることが多い色です。明るさとしても十分な光を放つので、勉強部屋や書斎などで使われることも多いです。

そして電球色ですが、こちらはオレンジ色に近い温かみのある色になります。

人がリラックスできる空間を演出する時によく使われる色ですので、レストランやカフェなどの飲食店で使われることが多いと言えるでしょう。ただし、明るさとしては昼光色や昼白色より暗めのものになるというのは注意が必要です。

キッチンはあくまでも作業スペース

では、キッチンに適した色のライトというのはどういったものになるのでしょうか?

家の中では落ち着いていたいゆっくり料理をしたい、という考えから電球色を選びたいと思われる方も多いと思います。しかし、キッチンは作業をするスペースということは忘れてはいけません。

キッチンでは、調理の工程で包丁を使ったり火を使ったりするわけですから、細かいところまで見える十分な明るさを確保する必要がまずあります。

また使用する食材の状態を確認するという意味では、電球色よりも昼光色や昼白色の方がはっきり見えるので適しています。

よく電球色の方が料理は美味しく見えると言いますが、調理中に関して言えば美味しく見えることよりも正確に判断し、作業をできることを優先した方が良いと言えるでしょう。

ですので、キッチン全体は昼白色、手元を照らす明かりは昼光色という組み合わせがキッチンには適していると言われているのです。

調光、調色機能を活用しよう

とはいえ「キッチンを使用している間もリラックスした状態で使いたい」「キッチンとリビングの照明は分けられず同じものを使っているので、全体を照らす明かりは料理が美味しく見える電球色を使いたい」ということはあると思います。

そんな時は手元灯をできるだけ明るい昼光色のものにするか、LDK全体の照明は調光や調色の機能があるものを採用すると良いでしょう。

LEDライトの登場によって、明るさを調節する調光機能と、ライトの色温度を調節する調色機能を持った照明が大きく普及することとなりました。

一昔前まで、この機能を持った照明というのはかなり高価なものだったのですが、近年では割と安価に手に入れる事も可能になってきています。

特に調色機能は、LDKでの生活スタイルをと大きく変えたと言っていいでしょう。

リビングやキッチンで作業をする時は昼白色に、ダイニングで食事をする時は電球色に切り替えるというように、シーンによって色温度を使い分けることができるようになったからです。

この調色機能を使えば、キッチンに立っている間も基本的には電球色を使い、細かい作業をする時や確認をしたい時に昼白色に切り替えるということも可能になります。

キッチン別のおすすめライト

では、キッチンではどのような照明を選ぶのが1番良いのでしょうか?

こう言ってしまうと元も子もありませんが、正確にはキッチンによって異なるということになります。

LDKの形状によっても最適なライトは変わってくるので、一概にこれが言いとは言い切れません。

しかし、それでは話が前に進みませんので、キッチンを大きく

  • ●壁付けキッチン
  • ●セミオープンの対面キッチン
  • ●完全オープンの対面キッチン

の3種類に分けて、これらのキッチンタイプであれば「一般的にはこのライトがオススメです」というのをご紹介したいと思います。

壁付キッチン

まず壁付けのキッチンですが、このキッチンでお勧めの照明は「LDK全体をダウンライトにして吊戸棚の下に手元灯をつける」というものです。

壁付けキッチンの大きな特徴は、キッチンに立つ人が壁を向いて作業をするというところにあります。

必然的にキッチンはLDKの壁際、隅のほうに設置されますので、シーリングライトなどLDKの中心から部屋全体を照らすような明かりでは、どうしても手元が自分の影で暗くなってしまいます。

またシーリングライトの特徴のところでもご説明したように、シーリングライトは部屋の中央が明るくても隅のほうでは暗くなってしまうというデメリットがあります。

つまり、キッチンには十分な明かりが届いていないという場合も多いのです。

もちろん、それを補うのが手元灯になるわけですが、これはあくまでも明るさを補うものであり、キッチン全体の明るさが足りないのであれば十分に機能するとは言えません。

暗い中にポツリと明かりがあった方が集中できるという方もいらっしゃいますが、基本的には手元灯だけに頼らず、キッチン全体で十分な光量を確保した方が良いでしょう。

ダウンライトはその特徴として、明かりが欲しいところに設置して光をプラスすることができます。LDKの中心からだけの明かりで部屋全体を照らすのではないので、キッチンの真上部分にダウンライトを設置すれば十分な光量を確保することができるでしょう。

もちろん、これでも自分の体で影ができてしまうことは十分考えられますので、手元灯はあった方が良いということを忘れないでください。

また、キッチンに立たない間はLDKのリビングだけに明かりが欲しい、キッチンは常に明るくなくていいという場合もあると思います。

そんな時はダウンライトの回路を2つに分けて、リビング側とキッチン側でON/ OFFができるようにしていくと、なおベストだと思います。

セミオープンの対面キッチン

次にセミオープンの対面キッチンですが、こちらはLDK全体の照明はお好みのものにし、それプラス、キッチンにダウンライトを設置するというのか一番良い設計ではないでしょうか。

セミオープンの対面キッチンは、キッチンに立つ人はリビング側を向いていますが、主に吊戸棚などでリビング・ダイニングとキッチンは分断されているという特徴があります。

これは照明的に考えると、LDK全体の照明の明かりが十分にはキッチンに入ってこない作りをしていると言えます。

セミオープンの対面キッチンでは、新築でもリフォームでも当然ながらキッチン側に天井照明がプラスされています。このプラスの照明には、ダウンライトが一番適していると言えるのです。

もちろんシーリングライトやペンダントライトでも良いのですが、キッチン部分はリビング・ダイニングと比べるとその面積は小さいものになります。6畳や8畳もあるキッチンならそれでも構わないのですが、一般的にはそこまでの広さは取れないのは通常です。

となると、シーリングライトでは上手く光を分散できず、十分な明かりを確保できないということも考えられます。

また、ペンダントライトは前述したように傘の部分にホコリがたまるというデメリットがあるので、完全なオープンでないキッチンでは出来るだけ使いたくないと言うところがあります。

ですので、セミオープン式の対面キッチンではリビング・ダイニング側にシーリングライトなどお好みのライト、そしてキッチン側にはダウンライトを設置するというのがベストだと思うのです。

もちろん、それプラス吊戸棚の下などに手元灯で明かりを補うことも忘れないでください。

完全にオープンな対面キッチン

最後に完全オープンタイプの対面キッチンですが、こちらはLDK全体に十分な明かりを灯すことが出来るのならば、どんなライトでも大丈夫だと言えます。

しかし、この完全オープンの対面キッチンは非常にキッチンのスペースを取る作りになるので、比較的広いLDKで採用されることが多いキッチンではあります。

ですので、LDK中央のライト1つではLDK全体を照らすことが難しい場合がほとんどかと思います。

LDK中央のメイン照明はシーリングライトやシャンデリアなどお好みのもので構いませんが、やはりキッチン部分などの細部には、ペンダントライトやダウンライトで光量を補うことが大切だと言えるでしょう。

好みの照明がないのであれば、全てをダウンライトで賄っても良いと思います。

完全にオープンタイプの対面キッチンでは、部屋全体の光量が十分にあるなら手元が陰で暗くなるということは余りありません。ですので、手元灯はいらないと考えてよいと思います。

キッチンのライトで選び方に困ったら

キッチンタイプ別でオススメの照明をご紹介してきましたが、好みの照明と言われてもパッと思い浮かばなかったり、選ぶにしてもどうして良いか分からなかったりすると思います。

そんな時に、一番無難な選択はダウンライトだと言えます。

ベストフィットを考えると全てのキッチンに当てはまるとは言えませんが、ダウンライトは比較的どのようなキッチンにもある程度フィットするライトではあるのです。

どんなキッチンでも、ダウンライトを選んでおけば大きく間違えることはありません。

しかし、当然ながらダウンライトにもメリットとデメリットが存在します。

ですので、ここではダウンライトのメリットとデメリットにはどのようなものがあるのかを、ご説明したいと思います。

ダウンライトのメリット

まずダウンライトのメリットですが、

  • ●天井がすっきりして広く感じる
  • ●埃がたまらない
  • ●広い部屋でも均一に照らせる

ということが挙げられます。

ダウンライトは天井に埋め込むタイプの照明器具ですので、その他の照明のように天井から何か出っ張っているということはありません。

天井を遮るものがないので、LDKが広く見えるという効果があります。

また、これはキッチンで使用する照明として非常に大きなところだと思うのですが、天井に埋め込むライトなので照明器具に埃がたまらないという事が挙げられます。

ペンダントライトやスポットライトなどはどうしても傘の部分にホコリが溜まってしまいますので、こまめに掃除をするにしても余りキッチンで使いたいライトではないように思います。

そういった意味では、シーリングライトは比較的ほこりが堪らない作りをしていますがゼロではありません。

また、シーリングライトはキッチンというそれほど大きくないスペースを照らす照明としては、あまり向いてないというところもあります。

ダウンライトは個数や位置を自由に調節して設計ができるので、「ここにもっと明かりが欲しい」「こことここのダウンライトはオンオフのスイッチを分けたい」など、LDKの中で照明の具合を細かに調整できることも大きいです。

それと日常的なメリットではありませんが、照明器具が天井や壁から出ていないので、何かを運搬する時に誤って破損するということもありません。

ダウンライトのデメリット

次にダウンライトのデメリットですが、

  • ●コストがシーリングライトに比べて高い
  • ●照明器具自体の見た目の変更が難しい
  • ●設計を失敗すれば明るさが不足することもある

というところでしょうか。

ダウンライトは部屋の広さに応じて使用する個数が変わりますが、例えばシーリングライトは一般的なLDKであれば基本的には1つで十分に事足ります。

1つのお値段で見るとダウンライトの方が安いのですが、面積あたりのコストで考えればシーリングライトの方が断然安価です。これは照らす面積が広くなればなるほど顕著になるといえるでしょう。

またシーリングライトやペンダントライトは、基本的に引っ掛けシーリングと呼ばれる器具を天井に取り付けて、そこに照明器具を設置するという方式をとっています。

この引っ掛けシーリングとは簡単に言うとライト用のコンセントですので、交換は非常に簡単です。

気分を変えるために新しい照明器具に変えたい時や、故障したので新しいものと取り替えるという時に、業者を呼ぶ必要は基本的にありません。

現在主流になっているLEDのダウンライトの場合、ライトが切れたからと言ってライトだけ替えることは出来ません。これは照明器具とライト部分が一体になっているからで、シーリングライトも同じくライトだけの交換は出来ない仕様になっているケースが殆どです。

LEDの寿命は約10年。10年も使えばライトだけでなく本体の照明器具も何かしらの不具合が出ている可能性が高いという事もあって、現在は一体型が主流になっています。

シーリングライトやペンダントライトだと取替は簡単に自分で行えますが、ダウンライトを交換するには電気業者に依頼する他ありません。

これはダウンライトがシーリングライトやペンダントライトのようにコンセントで繋がっているわけではなく、電気線を直接差し込むタイプのものなので工事には電気工事士の資格が必要になるからです。

作業的にはそれほど難しくはありませんが、これは法律で禁止されていることなので絶対にやってはいけません(無資格で工事を行うリスクについてはまた後ほど詳しく説明したいと思います)。

このように気分を変えたい(ダウンライトであまりそういったことはないとは思いますが)、照明器具が故障したなどの理由で取り替えを行う際に、コストがかかるというのはダウンライトのデメリットと言えるでしょう。

そして必要個数を見誤るなど設計を失敗すると十分な光量を得られない、というのもダウンライトのデメリットの1つであると言えます。

基本的にはあまり考えられない事ではありますが、そういったリスクもあるので、リフォームする際にはきっちりとした業者に依頼することが大切です。

ダウンライトの必要個数は?

ダウンライトの設計の話になったので、必要個数などの話も少ししたいと思います。

近年は照明の明るさをルーメン(lm)という単位で表しています。

今まで照明の明るさの基準でよく使われていたのはワット(W)ですが、ワットというのは消費電力の単位なので実は明るさの単位ではありません。

しかし、今までは消費電力が大きい=明るいという式が成立していたので、分かりやすく長年ワットが使われていました。

では何故、照明の明るさを示す単位がワットからルーメンに変わったかというと、これにはLDEライトの登場が大きく関わっています。

LEDはこれまでの蛍光灯や白熱電球と比べて非常に少ない電力で灯る照明になりますので、ワットだとかなり小さな値になってしまい、あまり明るくないような印象を与えてしまうのです。

また明るさの基準がワットのままだった場合、今までの蛍光灯や白熱電球と同じ単位なのに比較ができないという事象も発生してしまいます。だからLEDの登場と共に、明るさを示す単位はルーメンに切り替わってきたということなのです。

そして、現在のダウンライトはLEDが主流。ですので、ダウンライトの設計の目安として「1畳あたり300から400ルーメンが必要」という覚え方をしておいた方が良いかと思います。

LEDのダウンライトには同じ大きさでもルーメン数が違うものは多数存在します。単純に1畳あたり1個のダウンライトでOKというわけでもありませんので、ここには注意が必要です。

またLDKやキッチン、部屋の形状などを考えて、どこにどれだけダウンライトを設置すれば必要な光量を得られるか、効率が良いのかということも考慮しなければいけません。

これは非常に難しく、照明に関する知識が相当ないと設計はできないと言えるでしょう。

私たちプロでも大きなリフォームの案件になれば、照明の設計は間違いがないように照明メーカーさんに依頼をすることもある程です。

キッチンのライトを交換する手順や費用

では、現在のキッチンの照明を交換するにはどのような手順が必要で、注意点やリフォームにかかる費用はどれくらいなのでしょうか。

ひとつひとつ見ていきたいと思います。

照明をリフォームする手順

まず照明をリフォームする手順ですが、基本的には

  • ●希望の照明が付けられるかどうかの調査
  • ●見積もりと契約
  • ●既存ライトの撤去
  • ●新規ライトの取り付けと配線

という順番になります。

よっぽど大掛かりなものでない限り、照明の交換は1日の工事で終わります。

ただし天井の補強が必要だったり、クロスの張替えが必要だったりするようなら、工期が長くなることも考えられます。

照明をリフォームする時の注意点

ダウンライトやシーリングライトなどの基本的な照明を設置する場合、あまり取り付ける事をが出来ないということはありません。

しかし、シャンデリアやシーリングファンをつけたいと言うご希望の場合には、天井の耐久度等の問題で取り付けが出来ない場合もあります。

このような時は天井の補強もしくは天井自体を張替えるということが必要になるので、こういったところは注意が必要です。

またダウンライトからダウンライトへ取り替える場合、既存のダウンライトが大きくて新たに取り付けるダウンライトが小さいものであったなら、穴をふさぐ作業が発生します。

余りにもサイズが合わなかったり、取り替える数が多かったりすれば、まるっきり天井を張り替えた方が良いという場合もあります。

天井を張り替えるまでには至らなくても、クロスの張替えは行う必要がある場合も多いので、こういったところには注意が必要といえるでしょう。

照明リフォームの費用

照明の交換リフォームにかかる費用というのは、当然ですがどのような照明器具をつけるか、天井の補強や張替え、クロスの張替えが必要になってくるかどうかで大きく変わってきます。

あくまで概算ですが、一般的な照明器具で一般的なLDKの広さ、そして天井やクロスはそのままということであれば、概ね10万円から20万円ぐらいがリフォーム費用の相場といえるとは思います。

ただケースバイケースではありますので、まずは見積もりを取ってみて下さい。

キッチンのライトを増設する時の注意点

ではキッチンのライトを取り替えるのではなく、増設する場合はどうなのでしょうか?

基本的には増設も交換も手順としては同じです。希望の照明が取り付けられるかどうかの調査をし、その後に見積もりを出して契約、そして増設の工事となります。

交換と増設で大きく違う点があるとすれば、既存の照明はそのまま活かすということなので、配線を自由に変えられないという可能性があるというところでしょう。

これはどういう事かというと、「ON/OFFのスイッチをこことここで分けたい」というような希望があるときに、それが叶えられない可能性があるということです。

壁中や天井裏に張り巡らされている電気配線は非常に複雑です。家を建築した時の電気配線図があれば、それを紐解いて新たなスイッチングエリアを構築することは可能かと思いますが、電気配線図が無い場合は現場の見える範囲だけで判断する事は難しい場合も多いのです。

特に既存の照明をそのまま残す増設となると、それが非常に難しくなるケースもあるということは覚えておいた方がいいでしょう。

キッチンのライトで工事不要とは何か

基本的に照明器具の交換や増設は電気工事士の資格を持った者でないと工事をすることが出来ませんので、リフォーム工事を頼む必要があります。

しかし「キッチン ライト」と検索すると、工事不要というワードが引っかかる事があり、工事を頼まなくても照明が取り付けられると誤解をする方もいらっしゃいます。

しかし、この工事不要のライトというのはコンセントにつなげるタイプのライトのことなので、この記事で説明しているようなライトの交換や増設はできないと思ってください。

工事不要のライトをコンセント式のものだと知らずに買ってしまったので、近くにコンセントを増設しようと思う方もいるようですが、コンセントの増設も当然ですが電気工事士の資格がないと工事は出来ません。

基準としては、簡単に言うと電気線に触れる作業はすべて電気工事士の資格が必要です。

これは法律で決められていることで、勝手に工事をすると罰せられることもあります。

家の中のことだからどこにもバレないだろう、と思われるかもしれません。

ですが、もしこの工事が原因で火事が起こったり事故が起こったりした時には、火災保険などの保険が適用されない可能性が高いので、そういったリスクがあるということは忘れないで下さい。

キッチンのライトをおしゃれにする方法

ここまでキッチンのライトについて、どのような照明が向いていて合理的かという話をしてきましたが、最後にキッチン、そしてLDKを彩るおしゃれなライトについてもお話をしたいと思います。

一般的には出回っていないので、照明器具の総合カタログというものを見たことがないという方が殆どだと思いますが、もし機会があれば一度見てみてほしいなとは思います。きっと「こんなに種類があるのか!」と驚くはずです。

オフィスで使われるものから店舗で使われるもの、家庭用から公共施設のものまで、多種多様な照明が載っているのが照明器具の総合カタログ。

正直なところ、到底全てを把握することはできない量のライトが載っています。このカタログの中から選べるとなれば、かなりコーディネートの幅があると思ってもらえるでしょう。

例えばですが、店舗用だからといって家庭で使えないかというとそういう訳ではありません。

家庭用にもありますが、店舗用の照明は非常にオシャレなものが多く、当然LDKの総合的な雰囲気を作らないといけませんが、取り入れる事ができればワンランク上のLDKやキッチンとなること間違いありません。

照明の組み合わせは自由自在なので、LDKの雰囲気に合わせてどのようなライトを選ぶかというのがセンスの見せどころにはなりますが、一番基本的でお洒落に見える方法は、ペンダントライトや小さめのシャンデリアをキッチンの一部に取り入れることだと思います。

吊戸棚のあるセミオープンの対面キッチンでは少し難しい部分もあるかと思いますが、それ以外のタイプのキッチンなら非常に作りやすく有効な手段だと言えるでしょう。

どんなペンダントライトでもシャンデリアでもお洒落になるかというとそういう訳ではありませんが、LDKの雰囲気と合う照明は必ずあります。LDKにフィットする照明を見つける事ができれば、それだけでキッチンのオシャレ度は増していくと言えるでしょう。

ただし、このときに注意しなければいけないのは、これらの照明はあくまでも飾りであるという認識をしておいた方がいいということです。

ペンダントライトやシャンデリアだけで十分な光量をまかなおうと思うと、かなりの量を付けるか大掛かりなものになるので、おしゃれな雰囲気を作る事は難しいと思います。

ですので、基本的な明るさはダウンライトで光量を確保しておいて、それプラスペンダントライトやシャンデリアをキッチンに取り入れるという方法が、現実的でオススメのものであると言えます。

ライトを変えて新しいキッチンライフを手に入れよう

照明が変わるだけでキッチは明るくなり作業がしやすくなる。

そして雰囲気も照明ひとつで印象はガラリと変わるので、キッチンにおけるライトの役割というのは非常に大きいと言えます。

今まで、どうしてもキッチンが暗かったり作業がしづらかったり、もう一つ何か雰囲気を出せるアイテムが欲しいと思われていたりする方は、ぜひ照明のリフォームを考えてみて下さい。

照明を変えるだけでLDKやキッチンは劇的に変わる可能性があります。ライトを変えてもっと豊かなキッチンライフを送ってみるのはいかがでしょうか?

 

こちらの記事もおすすめ

【キッチンリフォーム】絶対に知っておくべきポイントを大公開

【キッチン背面収納造作リフォーム】で、使いやすく快適なキッチンへ

使いやすいキッチンの間取り?冷蔵庫と食器棚の配置が大切!

え?【キッチンに洗濯機置き場を作れるの?!】マジで出来ます。

キッチンのレンジフードの高さが合わない!【ゴンッ】て頭に当たる!調整して快適な空間を。

料金

 

施工事例