大正区で住めるように間取り造作の現場

施工事例

3階建ての2階部分、ただの1つの部屋です。仕切りもなくだだっ広い空間です。

この空間に普通に住めるように3LDKの間取りを造作します。

解体工事が無いから、だいぶ費用が節約できますね、やはり、解体費、廃棄処分費が高いですね。

始めから造作工事に取り掛かれるのでスピードも速いです。

材木で壁や天井を作っていきます。予算的に余裕があれば断熱材も入れた方が冬場寒くないのでお勧めします。

夏場熱い家や冬場寒い家はだいたい、この断熱材がしっかり入ってないケースが多いんですよね、結局フタ(壁の中で見えなくなる)するから業者も手抜きするんでしょうね。

しっかり業者と施工方法を打ち合わせしてから工事することをお勧めします。

今回は賃貸に出すので費用はできるだけ抑えていきます。

写真に写っているピンクの部材が配管になります。お湯の配管ですね。基本的に水が青色の配管、お湯がピンクの配管。特に決まりはないです。

 

施工事例